東武鉄道と台湾鉄路管理局が友好鉄道協定を締結

12月18日、東武鉄道と台湾台北市に本社がある台湾鉄路管理局が友好鉄道協定を締結しました。東武鉄道としては、初の海外鉄道事業者との友好協定締結となります。当日は、現地時刻10:30より、台湾鉄路管理局の台北駅にて、東武鉄道根津社長と台湾鉄路管理局周局長による締結式が行われ、
締結式_320
締結式で握手をする東武鉄道根津社長と台湾鉄路管理局周局長

日本時間15:00頃~(台湾現地時間14:00頃)に、東武鉄道の浅草駅と台湾鉄路管理局の樹林駅の両駅で記念エンブレムを掲出した特急列車による、出発式がほぼ同時に行われました。
DSC09963_320
浅草駅では台湾旅行パンフレットが配布された

テープカット_320
樹林駅では、自強号「普悠馬232号」の出発式が行われた

DSC00129_320
浅草駅では、特急スペーシア「きぬ123号」の出発式が行われた
今度スカイツリーライン営業支社長、下総浅草駅長が出席

DSC00158_320

DSC00019_320
DSC00111_320
スペーシアに掲出された記念エンブレム
台湾鉄路管理局では自強号「普悠馬」に共通デザインのエンブレムを掲出

DSC00191_320
下総浅草駅長の出発合図により、発車する特急スペーシア「きぬ123号」

2016年12月18日まで、東武鉄道の企画乗車券「東京スカイツリー Ⓡ周辺散策フリーきっぷ」または「東京スカイツリー Ⓡパノラマきっぷ」の乗車券袋を台鉄の台北駅、瑞芳駅で提示すると台湾鉄路管理局の「平渓線1日フリー乗車券」がプレゼントされます。乗車券を持って台湾へ旅行されてみてはいかがでしょうか?

東武鉄道PRコーナー_320
台北駅にある東武鉄道PRコーナー

東武東上線全線開通90周年記念・行楽列車「フライング東上号」リバイバルカラー車両が登場

東武東上線全線開通90周年を記念して、かつて行楽列車として東上線で活躍した列車「フライング東上号」の塗装を復刻した車両が2編成登場しました。
「フライング東上号」は、1949(昭和24)年から1967(昭和42)年まで運行、季節運転の列車として東上線沿線の黒山三滝、鎌北湖、玉淀、八塩温泉方面、また秩父鉄道に乗り入れ長瀞へ行楽客を運んでいました。この列車のネーミングは、英国の特急列車「フライング・スコッツマン号」にあやかったものだと言われています。先頭車両には、羽をあしらったヘッドマークが取り付けられ、車内放送の設備に当時としては珍しい、レコードプレーヤーを接続し、車内に音楽を流す「ミュージックサービス」がありました。

DSC07074
今回登場した「フライング東上号」リバイバルカラー車両

動画

今回、登場した車両は、50090型と8000系の2編成で、50090型は、50092号編成にフルラッピングを施し、主に座席定員制の「TJライナー」に、8000系は8198号編成に塗装を施し、東上線(小川町から寄居間)・越生線で運行をしています。
車体は、鮮やかな濃い青色の車体に黄色の帯を締めたカラーリングとなり、また先頭車両には、当時「フライング東上号」に掲出したデザインをモチーフしたヘッドマークが掲出され、「東上線全線開通90周年」の文字が書かれています。
また車内には、「フライング東上号」の写真や資料を掲出してあります。
このリバイバルカラーは、50090型が11月28日より約1年、8000系が11月28日より当面の間運行されます。
また、この8000系の登場により、東上線(小川町から寄居間)・越生線では、4種類のカラーを施した8000系が楽しめます。
932668400_320
ツートンカラー、セイジクリーム、現行色

2015東武ファンフェスタ開催

今年も毎年恒例の東武ファンフェスタが12月6日に南栗橋車両管区にて開催されました。
DSC06919_320
DSC06921_320
最寄りの南栗橋駅から会場へ向かう来場者

DSC06926_320
南栗橋駅から会場までは無料シャトルバスが運行された

DSC06931_320
受付の後ろには開場を待つ列が出来ていた

今回の「2015 東武ファンフェスタ号」は、東上線全線開通90周年を記念し、リバイバルカラーとなった、 8000系車両8198号編成と丸目の愛称で親しまれている8000系ツートンカラーリバイバル車両8111号編成を 連結して、北千住駅から会場の南栗橋車両管区まで運転されました。

DSC06961_320
南栗橋車両管区内の会場へ向かう「2015 東武ファンフェスタ号」

動画

会場では、車両撮影会や車両工場見学会、東武博物館花上名誉館長と鉄道ジャーナリスト渡部史絵さんによるトークショーや鉄道各社のグッズ販売や飲食の販売などが行われました。また今年は、2017年度に運行開始予定のSLのPRコーナーも設置されました。

DSC07057_320
車両撮影会用の車両には、ヘッドマークが付けられた

DSC07083_320
今回の並びは、左が通勤車両、右へ行くほど優等車両となっていた

DSC07120_320
人気の車両撮影会の様子

DSC07182_320 DSC07210_320 DSC07225_320
工場内では、車体下ろし・車両移動のデモンストレーションなどが行われた

DSC07317_320 DSC07342_320
毎回恒例の東武博物館花上名誉館長と鉄道ジャーナリスト渡部史絵さんによるトークショー

DSC07452_320
この日は渡部史絵さんの誕生日で東武鉄道の方々よりヘッドマークがプレゼントされた
DSC07762_320
車両洗浄線を走行する電車の体験乗車

DSC07739_320
洗浄機通過を体験する参加者

DSC07700_320
参加者には記念品も配布された

DSC07797_320
2017年度に運行開始予定のSLのPRコーナー
SL冬の湿原号のヘッドマークも展示された

今年も天気に恵まれ、14600人もの来場がありました。

DSC07863_320

湘南の宝石 江ノ島シーキャンドルライトアップ

神奈川県藤沢市にある、江の島にて、関東三大イルミネーションに認定された「湘南の宝石」~江ノ島を彩る光と色の祭典~が 開催されています。
この「湘南の宝石」は、江の島シーキャンドルのライトアップ・江の島ウィンターチューリップ・バレンタインアイランド江の島の3つのイベントから成る、光と色のフェスティバルで、イルミネーションと地域と一体となった取組みが 評価され、2012年は、関東三大イルミネーション、翌2013年には日本夜景遺産に認定されてます。
会場のある江の島サムエル・コッキング苑へは、江ノ電の江ノ島駅を降りて江の島大橋を渡り、階段を上がり約徒歩25分、また、階段区間はエスカー(エスカレーター)を利用して行くことも出来ます。

DSC07887_320
江の島大橋からのシーキャンドル
DSC07880_320
江の島大橋からの夕焼け

会場内のライトアップは、17時からで点灯前のカウントダウンが開始されます。

ライトアップ点灯シーン

一斉に江の島シーキャンドル(展望灯台) から地面まで点灯すると見学者から歓声が上がります。
DSC06221_320
DSC07943_320
DSC07937_320
DSC06150_320
DSC06161_320
観る場所によって違いが楽しめる

点灯後は幻想的な風景が広がり、また、江の島シーキャンドルにある2階の
テラスからは、会場のイルミネーションを高い位置から楽しめます。
DSC06190_320
DSC06214_320
2階のテラスから
DSC06176_320
1階には、旧灯台のライトや資料が展示されているところがある

一階のエレベーターより展望台へ昇ると江の島の夜景が楽しむ事が出来ます。建物の高さは、屋内展望フロアまでが、41.7m、1番上の避雷針の高さは59.8mであり、海抜119.6mとなります。
DSC06225_320
展望台へのエレベーター(下りは階段で散策も出来る)
DSC06230_320
DSC06239_320
DSC06241_320
屋外の展望台から
DSC06269_320
屋内展望台もある
DSC06169_320
DSC07989_320
イルミネーションのトンネル
DSC07991_320
トンネルの間にシャンデリアがある
DSC07999_320
クリスマス位からチューリップが咲く

また、会場周辺にもシーキャンドルを楽しめるスポットがあり、夜の江の島を満喫出来ます。
DSC08009_320
園外のイルミネーション
DSC08015_320
場所が変わると違う風に観えるシーキャンドル
2016年1月31日まで開催しています。
入場料
江の島サムエル・コッキング苑 大人200円
江の島シーキャンドル昇塔料:大人300円

場所

また、江ノ電の江ノ島・鎌倉高校前・長谷・鎌倉の各駅でも2016年2月14日までイルミネーションで彩られています。
点灯時間:16時30分から22時 大晦日は終日点灯
13時から使用出来る、江ノ電乗り放題とエスカー、江の島サムエル・コッキング苑、江の島シーキャンドル昇塔料の
料金がセットになった、鎌倉・江の島アフタヌーンパスが1000円であります。

この機会に夜の江の島へ行ってみてはいかがでしょか?

江ノ電 タンコロまつり2015

11月28日、29日に江ノ電の極楽寺検車区にてタンコロまつりが開催されました。
このタンコロとは、昔の江ノ電は、路面電車のイメージそのままで、1両(単車)で運行されていたことから 「タンコロ」と愛称が付けられ親しまれました。

DSC05584_320
「タンコロ」の愛称が付けられている100形108号車

会場には、1980(昭和55)年まで運行されていた、昭和初期に製造されたされた「タンコロ」、100形108号車が展示され、懐かしの車両を撮影していました。

DSC05586_320
事前応募により「タンコロ撮影会」に当選した人々の撮影会

今回は、タンコロ引退35年を記念して特別に引退の数日前から当日まで取り付けられていた、 ヘッドマークが復元され、「タンコロ」に取り付けられました。

DSC05533_320
復元されたヘッドマーク

また、鉄道部品の即売会やオークション、ミニ江ノ電乗車会、プラレール、鉄道模型の運転会などが行なわれ、鉄道ファンから家族連れまで大勢の来場がありました。

会場の様子をご覧ください。

DSC05654_320
来場者で賑わう「タンコロまつり」会場

DSC05754_320
108号車車内

DSC05642_320
鉄道部品販売、路線図から車両部品まで様々なものが販売された

DSC05679_320
ミニ江ノ電乗車会

DSC05692_320
HOゲージ運転会

DSC05705b_320
ちびっこ制服撮影会

DSC05729_320
電車の車内に敷かれたプラレール

DSC06002_320
硬券入場券日付機体験

DSC05740_320
硬券に日付入れを体験

DSC05749_320
AED(自動体外式除細器)

DSC05999_320
DSC05859_320
販売ブースでは、江ノ電のほか、箱根登山鉄道も出店

DSC05731_320
乗車券発券機 発行体験

DSC05717_320
DSC05720_320
警報機体験

DSC05725_320
警報機体験の後ろでは、普段は撮影出来ない車庫からのシーンをカメラに収める来場者

DSC05841_320
DSC05842_320
非常ボタンを押す体験

DSC05634_320
江ノ電のキャラクター「えのんくん」と姉妹提携を結んでいる嵐電の「あらんちゃん」

DSC05774_320
賑わう休憩スペース

DSC05852_320DSC05788_320DSC05776_320
休憩スペースの一角では、えのんくんの塗り絵コーナーやパターゴルフは楽しめた

DSC05738_320
江ノ電ファンクラブによる展示

DSC05917_320
DSC05936_320
DSC05969_320
鉄道部品のオークションでは、駅名標や方向幕巻取機などが出品された

DSC05986_320
閉場までたくさんの来場者が訪れていました。

上里カンタレー CANTARE オープン

12月20日に開通の関越自動車道「上里スマートインターチェンジ」のすぐ近くに、11月にオープンしたばかりの
「上里カンタレー」があります。
DSC07386_320
DSC07391_320
南イタリアを思わせる園内

カンターレとは、イタリア語で歌うとの意味で、広い店内には、たくさんのスイーツやパンなどが 並んでいます。
DSC07489_320
DSC07458_320
DSC07432_320
DSC07424_320
DSC07427_320
試食コーナーもある

また、買い物をしながらガラス越しにバームクーヘンの焼成風景などを見学することが出来ます。
DSC07438_320
DSC07443_320
DSC07429_320
DSC07407_320
2階でも工場見学が出来る

レストランやカフェもあり食事も楽しむ事が出来ます。
DSC07404_320
1階のケーキ&カフェ

DSC07409_320
2階にあるカフェ

DSC07470_320 DSC07472_320 DSC07473_320 DSC07477_320
ビュッフェAMALFI

是非、上里スマートインターチェンジを降りて行ってみてはいかがでしょうか?