東京メトロ車両基地の日常業務公開


東京メトロ東西線の深川車両基地での日常業務が報道関係者に公開された。敷地は東京ドーム約2個分・300両が収容できる。基地内では車両洗浄や検査、広告張替作業などが日々行われ、安全で快適な車両を常に維持している。


東西線の安全運行に欠かせない、深川車両基地は東京都江東区塩浜にあり、敷地面積が86,860㎡(東京ドーム約2個分)あり、300両の車両が収容できる。
基地内のは3つの組織があり、深川車両管理所は東西線の検修計画や工程管理、検修に係る物品管理を行っている。また、深川工場では、車両を分解し、部品ごとに検査・修繕を行っている。車の車検にあたる全般検査、重要検査臨時検査を担当している。深川検車区では、在姿での検査・修繕を担当、月検査、列車検査、入出庫検査、車両清掃などを行っている。

深川検車区
清掃作業

洗浄線に洗浄車両が入線

外観はパッド、ブラシ、ホースなどを用いて清掃が行われる。

 
車内は、掃除機や布などで清掃される。

深川検車区のピットは、新ピットが2017年5月に竣工、空調が完備され作業環境改善が図られている。


車体と台車の切り分けをする装置


制輪子・車輪にあてるブレーキで月検査ではかなりの数を交換する

床下の機器を検査して行く

中吊り広告張替え作業

深川工場
座席シートを洗浄するため、座席シートを車両から取り外す


取り外した座席シートは冶具を用いて洗浄される 下2点画像(東京メトロ 提供)

車体と台車を切り分ける台抜き作業

車両を1両ごとに切り離す

台抜き作業

車体と台車が切り分けられた

車体から床下機器取り外し

台車から主電動機の取り外し

取り外された機器は、検査など保守作業が行われる

深川車両基地で働く人が入浴する風呂

多くの人の手によって安全運行・車内の清潔が保たれている

JR東日本お客さま感謝祭開催

11月25・26日、JR東日本会社発足30周年を記念して、東日本エリアやJR東日本グループの魅力を集結したJR東日本お客さま感謝祭が開催された。会場内には、「JR 東日本おみやげグランプリ」で総合グランプリを受賞した「バターフィナンシェ」などのお土産品や
人気駅弁や記念弁当、駅そばなどの販売や電車でGO!!やプラレールの展示などがあり大勢で賑わい売切れ商品が出るほどの人気ぶりであった。

次世代お化け屋敷「怨霊廃線VR」登場

としまえんのミステリーゾーンに次世代お化け屋敷「怨霊廃線VR」が登場した。鉄道員となり点検車両に乗って廃線を点検するストーリーで襲いかかってくる悪霊を除霊をしながら線路点検を進める。期間限定で4月9日まで
5月7日まで延長となりました

メトロファミリーパークinAYASE2016開催

 

東京メトロ千代田線の車両基地綾瀬検車区で2016年11月20日、メトロファミリーパークinAYASE2016が開催されました。車両展示や普段は入れない工場内では車体吊上げや車両部品展示、ステージイベントなどがあり、屋外では、千代田線に乗車して車庫線内の乗車や車両に乗っての洗浄体験、高所クレーン車に乗り基地を眺める体験などが行われ約17200人の来場がありました。


車両撮影会

高所クレーンに乗っての車両基地眺望体験

車体吊り上げ

車両洗浄乗車体験

NL-PRIMEバス運行中

食事の出来るレストランバスなどユニークなバスを運行している
ウィラートラベルで、7月よりNL-PRIMEが運行されています。

このバスは、世界で1500万ダウンロードされ、実際の街を歩くことでプレイをする
拡張実現ゲームINGERSS(イングレス)を運営するNiantic,inc(サンフランシスコ)との
共同開発で登場したバスで、世界初のXM(エキゾチックマター)調査バスです。
既にアメリカやヨーロッパで走っている「NL-1331」の世界で唯一の日本オリジナルバージョンとなります。

DSC04905
DSC04910
NL-PRIMEバス

バスの車内では、日本のXM研究者「司アキラ」の研究の手伝いをする設定となっていて、車内にあるモニターでは INGERSSに関するクイズや質問が繰り広げられ、XM研究に関する質問もあります。

DSC05023
DSC05032
車内
また、XM研究に携わった証として「NL-PRIME」限定メダル付きサポーターキットが付与されます。

7月16日にお台場で開催の「Aegis Nova Tokyo」でNL-PRIMEバスが
お披露目された。
DSC05065
DSC05171
対談をした、Willer Travel 村瀨社長 と Niantic,inc 川島氏

DSC05279DSC05295DSC05323
アフタヌーンパーティーの様子

運行プラン
9月1日から
土・日プラン
東京駅鍛冶橋(10:00)⇒東京駅鍛冶橋(11:00) 3,000円
東京駅鍛冶橋(11:30)⇒東京駅鍛冶橋(12:30) 3,000円
東京駅鍛冶橋(13:30)⇒東京駅鍛冶橋(14:30) 3,000円
東京駅鍛冶橋(15:00)⇒東京駅鍛冶橋(16:00) 3,000円

土・祝 成田発/成田着プラン
成田駅(8:00)⇒東京駅鍛冶橋(9:30)  (片道)3,000円
東京駅鍛冶橋(16:30)⇒成田駅(18:00) (片道)3,000円

東京駅(丸ノ内鍛冶場駐車場)⇔横須賀(金・日曜日)往復プラン
東京駅鍛冶橋(9:30)⇒横須賀(11:00)⇒(自由時間5時間)⇒横須賀(16:00)⇒東京鍛冶橋(17:30) 4,800円

新宿駅(新宿センタービル)近辺周遊(水曜日)プラン 3,000円
16:00発~19:00発(1日3便)

東京モノレールまつり開催

8月11日木曜日祝日、浜松町から羽田空港を結ぶ、東京モノレールで
東京モノレールまつりが昭和島車両基地にて開催されました。
DSC06473
文化放送キャラクター「キューイチロー」と東京モノレールキャラクター「モノルン」

DSC06480
入口付近には、アラン・ドロン氏が植樹したキョウチクトウがある

会場では、普段は見ることの出来ない保守用車両の体験乗車、見学、整備工場では、
モノレールの部品展示や車体の下を潜る体験が行われ、モノレールに乗車して基地内を
巡る、車両基地内試乗が行われました。
DSC06511
東京モノレール第一号台車、東京オリンピックのあった昭和39年から
昭和54年まで使用され、約200万キロ走行しました。

DSC06644
人気のあった車体潜り体験

DSC06607
整備工場内

DSC06603
普段は見れない車両機器を公開していた

DSC06659
保守用車両の外観車内の見学が出来た

DSC06902
保守用車両の乗車体験

車両基地内試乗では、ポイント転換やピットを見ることが出来た
DSC06865
DSC06780
DSC06796
DSC06860
また、プラレールを使っての総合指令紹介や工作車の体験、本物の運転台体験やポイント
転換体験もあり、鉄道ファンから親子連れまで楽しめるイベントでした。DSC06916
物販コーナーでは鉄道部品も販売された

DSC06978
ポイント転換体験

東武鉄道亀戸線に、昭和30年代の「標準色」リバイバルカラーが登場

3月23日より、東武鉄道では、亀戸線(曳舟~亀戸)および周辺の下町エリアの活性化を目的として、昭和30年代の一時期に採用された、インターナショナルオレンジの車体にミディアムイエローの帯を締めたカラーリングのリバイバルカラー車両が運行を開始しました。使用車両は8000系で、同系式のリバイバルカラーは、今回で5編成目となります。
DSC02519_320
DSC02567_320
今回登場した8000系「標準色」リバイバルカラー車両

今まで登場した8000系リバイバルカラー車両
DSC03257_320
左から「ツートンカラー」「セイジクリーム」「現行色」
DSC07078_320
「フライング東上号」と丸目の8111号編成

このカラーは昭和33年10月に、通勤型車両7860型を新造した際、今後の20m車体長の通勤車両の色を決めるため試験的に4種類の違う塗装がなされ、その中からこの色が標準色として選ばれましたが、昭和36年に地下鉄日比谷線乗り入れ車両2000系がツートンカラーで登場したことを契機に、昭和38年4月に開かれた社内会議により、通勤車はツートンカラーへ統一となり、標準色の車両も順次ツートンカラーへ塗り替えられました。

運行開始日は、亀戸線沿線の園児を紹介し、出発式がおこなわれました。楠元亀戸駅長は、挨拶の中で、駅舎、佇まい、2両編成で走る亀戸線の列車の姿、沿線の下町情緒たっぷりの街並みがあり、この車両を運行にぴったりだと考えたと話していました。
DSC02743_320
出発式で挨拶をする楠元亀戸駅長

DSC02787_320
駅関係者、幼稚園児による到着列車のお出迎え

DSC02752_320
今度スカイツリーライン営業支社長、楠元亀戸駅長と幼稚園児による記念撮影

DSC02846_320
駅長の出発合図により、幼稚園児を招待した臨時列車は、亀戸・曳舟間を1往復した

また、6月30日までは、「下町の魅力再発見ラリー」が開催されていて、スタンプ(設置場所:とうきょうスカイツリー駅・曳舟駅・亀戸線・東京スカイツリー1階・下町人情キラキラ橘商店街・亀戸天神社)を集めるとスタンプの数により先着順に記念品がプレゼントされます。

動画

また、この標準色の8000系は亀戸線の他に、大師線(西新井~大師前)でも運行する日があります。この機会に昭和の雰囲気がある亀戸線を散策してはいかがでしょうか?

東上線開業100周年記念「ツートンカラー塗装車両」登場

DSC03179
今年、5月1日に開業100周年を迎えた東武東上線で数々の100周年
記念イベントが開催されています。
11月22日には、1963(昭和38)年から1974(昭和49)年まで運行をしていた8000系の初代カラー「ツートンカラー」(ロイヤルベージュとインターナショナルオレンジ)が登場しました。また、3月には記念イベントの第一弾として、
2代目カラーのセイジクリーム塗装車両が運行を開始しており、現行3色カラーも合わせた8000系の変遷カラーが楽しめます。
DSC03255
運行区間は、東上線(小川町~寄居間)、越生線(坂戸~越生間)です。

東上線・越生線の沿線には、小川和紙の紙すきが体験出来る「埼玉伝統工芸会館」や戦国時代の城跡「鉢形公園」、関東3大梅林「越生梅林」、山吹の里歴史公園、川の博物館などがあります。
IMG_6169
埼玉伝統工芸会館

IMG_6104
川の博物館

この機会に出掛けてみてはいかがでしょうか?

 

東武8000系誕生50周年記念講演会・ 50th Anniversary lecture Tobu 8000 birth

東武鉄道8000系は、1963年(昭和38年)に誕生した通勤車両で1983年(昭和58年)までに712両もの車両が製造され、民鉄最大の製造両数を誇り、沿線の通勤・通学輸送に貢献し、現在も東上線や野田線などで活躍しています。
IMG_0442_R
 

今年は8000系の誕生から11月で50周年を迎え、11月3日に東武博物館栄誉館長 花上嘉成氏による「8000系誕生50周年記念講演会」が行なわれました。
IMG_3889_R
会場は満員でした。

8000系についての講話があり、最初に東武鉄道に到着した車両は、8101号編成ではなく8106号編成だったとの事でした。また約20年間製造された為、踏板や台車など部品等のバリエーションについての話しや、東武博物館が所有している動態保存車8111編成や、今年9月に廃車になった8101号編成の保存についての話しもあり、参加者が熱心に公聴ていました。
IMG_3897_R
IMG_3899_R
8000系について講演をする花上名誉館長
※許可を得て撮影
また、講演終了後、サプライズで花上夫妻が今年でご結婚50年を迎えたのを祝して、東武博物館友の会の方より、花束の贈呈がおこなわれました。
IMG_3933_RIMG_3937_R
東武博物館友の会の方から花束の贈呈

 

IMG_4103_RIMG_0444_R
8111号編成                8101号編成

記念講演会は、終了しましたが東武博物館では、来年1月13日(月・祝日)まで「東武鉄道8000系のあゆみ1963―2013」を記念物・保存物コーナーで開催中です。
8000系の貴重な写真をはじめ、資料やヘッドマーク、8101号編成の部品展示がおこなわれています。
IMG_3871_R
IMG_3874_R
IMG_3946_R IMG_3938_R
記念物・保存物コーナーに展示された部品や資料
このコーナーは、撮影禁止となっています。
今回は許可を得て撮影しています。

また、館内には、8101号編成の本物の台車とパンタグラフが展示してあります。
IMG_3872_R
台車とパンタグラフ

ほかにも運転士気分になれるシュミレーターや実物の車両から模型まで展示してありますので、この機会に訪れてはいかがでしょうか?

開館時間
10:00~16:30(16:00までにご入館ください)

休館日
毎週月曜日(月曜日が祝日・振替休日の場合は翌日)
年末年始(12月29日~1月3日)

入館料
おとな 200円(100円)  こども(4才から中学生まで)100円(50円)

  • ※( )内は20名様以上の団体入館料。団体の場合は3才から有料です。
  • ※障害者手帳所持者は当人および付添者2名まで半額とさせていただきます。
  • ※休憩コーナーにはテーブルとベンチを設置しており、飲食にご利用いただけます。(レストラン等の施設はございません。)

交通案内
東武スカイツリーライン東向島駅下車(駅のとなり)

所在地・電話番号
〒131-0032 東京都墨田区東向島4-28-16
TEL.03-3614-8811(代)