北海道・道東旅行記 2日目

10月18日釧路を出発し、阿寒湖へ向かいます。釧路から阿寒湖までは約70キロあり車で1時間半ほどで着きます。また、交通機関利用の場合、釧路駅前から阿寒バスの阿寒温泉行に乗車1時間50分ほどで着きます。国道240号線「まりも国道」を走ります。この時期は紅葉が見ごろで途中の釧路市(旧阿寒町)シアンヌにある紅葉スポット、滝見橋の近くにある駐車場に立ち寄り、滝見橋から眺める阿寒川と紅葉の風景を撮影しました。


気軽に紅葉が楽しめるスポットです。また車をすすめ阿寒湖に到着。阿寒湖は、阿寒湖国立公園内にあるカルデラ湖で周囲約26kmあり、特別天然記念物である「マリモ」が生息しています。

阿寒湖には、阿寒湖畔温泉があり、5月~11月まで遊覧船が運航していて、湖上の散策が出来ます。また、4つの島のひとつチュウルイ島に上陸して、マリモ展示観察センターで「マリモ」の見学をします。


湖畔には、散策路「トーラサーべ ル・ミナ」(まりもの微笑み小路)があり、路沿いにはアイヌの紋様をしたフットライトが設置してあります。

その先に渦をイメージした「阿寒イオマプの庭」があり、イオマプはアイヌ語で「あなたの周りにあること、すべてを大切にします」という意味で、大自然の環境や身近なアイヌ文化、アートを大切にして伝統を次の世代に継承する意味で名称が付けられています。お花畑の山のようなものはドレスガーデンで登って先端に立つと花のドレスを纏ったように写真が撮れたり、

北海道小別町にあった一億年前のアンモナイトが飾られています。


目の前のホテル、鶴雅ウイングイスには阿寒湖を愛し、阿寒の自然に触発されながら創作を続けている彫刻家の作品が展示され、ギャラリー「ニタイ」には瀧口 政満氏、ロビーギャラリー「イランカラプテ」には 藤戸 竹喜氏の作品が鑑賞出来ます。


また、ニュー阿寒ホテルの天空ガーデンススパから阿寒湖の眺めは最高で、お湯に浸かりながら雄阿寒岳の雄姿が眺められます。

 
阿寒湖を後にして、道の駅あいおいに移動、車で約20キロ、約20分で到着します。ここ道の駅あいおいは、昭和60年3月31日で廃止になったかつて美幌駅からここ北見相生駅まで結んでいた国鉄相生線の北見相生駅があり、今は相生鉄道公園となり今でもホームや駅舎などを見ることが出来ます。また、車両も気動車や客車・貨車・除雪車両が保存され国鉄時代の車両たちに再会出来ます。


ここのホームは紅葉スポットでもあり、ホームには紅葉したもみじの葉がたくさん落ちていました。

道の駅あいおいの物産館の手前には東武百貨店の北海道展で可愛さがうけて有名になったクマヤキが売られています。定番は4兄弟ありヒグマ・シロクマ・ヒグマクリーム・ナマクマがあり、クマヤキのパッケージは津別町出身のイラストレーターの大西重成さんがデザインしました。物産館の中に入るとカフェホロカがあります。このカフェ時期によっては、駅舎跡内で営業する時もあります。

 

次はオンネトーへ約26キロ、約30分の道のりです。オンネトーは秘境湖で雌阿寒岳の裾野に広がる湖です。酸性が強い湖で硫酸アルミニュウムなどの加減で湖が青く映るそうですが、その日の天気によって表情が変わります。展望台もあり見る場所により表情が変わります。

 
再び車で池田ワイナリー城に向けて約90キロ・約1時間半の道のりを走ります。池田町に入り、丘の上にある建物が池田ワイナリー城でヨーロッパ中世の古城に似ていることから名づけられたそうです。




十勝ワインの誕生は、昭和20年代後半にこの地域が地震や冷害に見舞われ、苦境から脱却するために当時の町長 丸谷 金保氏に発案により、昭和35年、町内の農村の青年によりブドウ栽培を開始、昭和38年には果実酒類試験製造免許を取得し、国内初の自治体経営によるワイン醸造を開始しました。


ワイン城ではガイドツアーが毎日3回無料(10月第一日曜日はワイン祭り、年末年始、ゴールデンウィーク、お盆時期はお休)で行われており、ワイン城の隠れた魅力や十勝ワインの魅力を紹介します。2018年4月よりスパーリングワインの製造工程が見れる施設が完成しガラス越しに工程が見学できます。ショッピングエリアにある展示コーナーに入るとワインの製造方法やブドウの栽培について学べます。






鉄道ですとJR根室本線池田駅が最寄駅となります。

ワイン城の丘から駅を見ることが出来ます。その後は帯広へ車で約23キロ約35分、池田駅からは普通列車で約30分かかります。十勝地方は帯広市を中心に人口16万6千人、16の町と2つの村があります。今日は帯広に宿泊です。翌日最終日は帯広付近を巡ります。
協力:北海道観光振興機構

北海道・道東旅行記 1日目

今年2018年9月6日に発生した北海道胆振東部地震により被災に遭われた方々へ心よりお見舞い申し上げますとともに一日も早い復旧を祈念いたします。

現在の北海道の様子を取材しに10月17日から2泊3日行程で、釧路・帯広がある道東を訪ねました。まずは、羽田空港からたんちょう釧路空港へ、羽田空港からは、JAL、ANA、エア・ドゥの1日6往復が運航、約1時間35分で着きます。また関西からは、関西空港よりPeachが1日1往復運航しています。


釧路市湿原展望台
まずは釧路市湿原展望台へ向かいます。空港から車で約16キロ約20分の道のりです。また釧路駅からは阿寒バス鶴居線の湿原展望台バス停で下車すると着きます。この展望台の建物をデザインしたのは、釧路市出身の毛綱毅曠(もづな きこう)で釧路湿原にある植物「やちぼうず」をイメージした建物となっています。

1階はレストランとミュージアムショップがあります。2階より先は有料ゾーンで2階は展示室で、湿原の復元した動植物の資料やイトウという珍しい魚が展示されています。

3階の展望室と屋上からは釧路湿原を展望できます。釧路湿原国立公園の広さは、28,788ヘクタールで東京ドーム約6,125個あり、約700種類の植物と30種の哺乳類、4種の両生類、、5種の爬虫類、34種の魚類、約170種の鳥類、1,130種以上の昆虫類が生息しています。
 


住所:北海道釧路市北斗6-11
営業時間:5月~10月/8:30~18:00  11月~4月/9:00~17:00
休館日:年末年始(12月31日~1月3日)
入館料:一般・大学生470円 高校生250円 小中学生120円

・釧路市湿原展望台・釧路市動物園・釧路市立博物館・釧路市丹頂鶴自然公園・阿寒国際ツルセンターを見学する場合
「しつげん55パス」だと入館料合計2,450円が1,020円で入館することが出来ます。

厚岸味覚ターミナル コンキリエ
釧路市湿原展望台をあとにして車で62キロ所要時間約1時間の「厚岸味覚ターミナル コンキリエ」に到着、JR釧路駅からは根室本線(花咲線)で約50分厚岸駅下車して徒歩約15分で到着します。

厚岸駅といえば、駅弁氏家かきめしが有名です。普通牡蠣はRの月が美味しく食べられるのが有名ですが厚岸では通年を通して牡蠣を食べることが出来ます。種類はカキえん、弁天かき、マルえもん、ナガえもんの4種類の牡蠣を生産しています。味わいも季節によって変わり、春はさっぱり、夏はまろやか、秋は甘みが増す、冬は濃厚で甘い牡蠣になるそうです。ここコンキリエは、1階がおみやげコーナーがあり、今年、冬季平昌五輪で金メダルを獲得した、厚岸出身の佐藤綾乃選手のユニホームやサイン色紙なども展示されています。


2階のレストランでは牡蠣にちなんだメニューなどが味わえます。ボリューム満点のメニューが沢山あります。


住所:厚岸郡厚岸町住の江2丁目2番地
営業時間:4月~10月 9:00~21:00 ・11月~12月 10:00~19:00 ・1月~3月 10:00~18:00
休館日:月曜日(祝祭日の場合 火曜日)


JR釧路駅

「北海道の恵み」シリーズは4種類あり、外装に道北、道東、道南、道央の北海道の各地域の特色イメージしたデザイン、車内は木材および木目材料が使用されています。
この「道東 森の恵み」は釧路湿原の動植物と十勝の実りが表現され、根室本線を中心に運行しています。

釧路和商市場

JR釧路駅の近くにある市場で、1954年に市民の台所として開場しました。場内には、鮮魚をはじめ、青果、精肉、珍味、菓子、惣菜、おみやげなど60店舗近くの店が並んでいます。



この市場には、「勝手丼」というものがあり惣菜店でごはんを買い、ネタは鮮魚店や魚卵専門店を巡り、自分の好きなネタを購入しのっけていくもので、オリジナルの海鮮丼が作れます。場内にはテーブルと椅子が用意されていてその場で食べることが出来ます。


また、別々の店舗で購入した商品を1つにまとめて送るサービスもあります。
住所:釧路市黒金町13丁目25
営業時間:
1月~3月 月~土 8:00~17:00 日曜・年始は休み
4月~10月 月~土 8:00~18:00 日 8:00~16:00
11月 月~土 8:00~17:00 日曜休み
12月 月~土 8:00~18:00 日 8:00~18:00
店舗・季節により、営業時間の変更や日曜日臨時休業があります。

サンセットクルーズ
JR釧路駅から歩いて約15分、北海道の三大名橋のひとつ幣舞橋(ぬさまいばし)の近くから
世界三大夕日である釧路の夕日を楽しむ観光船「SEA CRANE(シークレイン)」があります。

海上からの夕日を楽しむサンセットクルーズは日没の一時間前に出航、90分のクルージングです。船は出航後、船は一度幣舞橋の方向へ旋廻、説明があり夕方になると大勢の観光客や地元の人が幣舞橋からの夕日を撮りに来るそうです。

アルコール・ソフトドリンク飲み放題でおつまみもあります。

釧路の街並みを眺めながら海へ向けて進みます。北海道はこの時期は旬の季節、各地からやってきた漁船が沢山停泊しています。


普段は見れない海上からの漁港や工場の風景を眺めながら、夕日のポイントに移動します。ポイントに着くとカモメが集まってきます。このカモメはセグロカモメといい背中が黒くなっています。ここでは、夕日の撮影の他にカモメに餌をやることが出来ます。夕日の方角にカメラを向ければ、夕日とカモメのシルエットが撮影できます。


太陽が沈むまで撮影を楽しんだあとは、釧路コールマインの工場前を通過、ここは日本で唯一海底に穴を掘って石炭を生産しているところで、その大半は苫小牧火力発電所で使用されているそうです。

だんだん辺りが暗くなり、街並みが夜景になった頃、出航地に戻り、90分のクルージングがあっという間に終わりました。


住所:北海道釧路市大町1-1-11 ベイサイドビル1F
問い合わせ:0154-41-7511
料金:大人5,000円 小人3,000円 幼児 無料

2日目に続く
協力:北海道観光振興機構

蒸気機関車(SL)復活運転プロジェクトが進む東武鉄道

8月19日、埼玉県久喜市にある東武鉄道南栗橋車両管区に、北海道から蒸気機関車(SL)C11-207号機が
到着しました。
DSC07101
誘導車に先導され南栗橋車両管区前に到着した
C11-207号機を積み込んだトレーラー

SLは、8月12日にJR北海道の苗穂工場を出発し、苫小牧港よりフェリーで海を渡り大洗港に到着待機ののち、19日 0時半頃大洗を出発、トレーラーに積まれ5時頃に到着をしました。
DSC07173
DSC07205
正門に入るトレーラー

8時頃から受け入れ作業が始まり、トレーラーから SLをクレーンで吊り上げ線路に移されました。搬送する際に外された、煙突や運転室(キャブ)などはまだ付いておらず
この後、東武鉄道の検修員により元の姿に戻されて行きます。
DSC07271
構内を移動するトレーラー

DSC07333
DSC07375
カバーが外されSLがお披露目された
DSC07585
クレーンで線路に移されるC11-207号機

DSC07730
線路には大勢の関係者の目により慎重に設置される

このSLは、2017年夏を目処に東武鬼怒川線の下今市から鬼怒川温泉間12.4キロ(片道約35分)での復活運転が 計画され、土休日を中心に年間140日程度(1日3往復)が運行される予定です。
編成は、JR北海道より貸与されたこのSL C11-207号機が牽引、次に車掌車のヨ8000形、客車は3両連結され、最後にDE10形ディーゼル機関車が連結されます。
また、下今市駅には、長門市駅の転車台、鬼怒川温泉駅には三次駅の転車台がそれぞれ設置され、下今市駅にはSL見学エリアも
設置されます。大手私鉄で初めてのSL復活、来年の運行が楽しみです。DSC07908
東武鉄道の線路に足が着いたC11-207号機
後ろはSLの検修庫

開業を迎えた北海道新幹線

3月26日に北海道新幹線(新青森~新函館北斗間)が開業、東京~新函館北斗間が最短4時間2分となりました。
DSC03732_320
開業日の新函館北斗駅では、駅のシャッターが開く前から長い列が出来ていました。
DSC03799_320
駅前には、早朝から長い列が出来た。
DSC03813_320

DSC03909_320
開業式典では、北斗市立大野中学校吹奏楽部による記念演奏が行なわれた。

改札内コンコースでは、開業式典が開催されJR北海道島田社長より挨拶がありました。「北海道民の長年の悲願であった北海道新幹線が開業を迎えようしている。北海道新幹線の実現に関わられた多くの方々への感謝の気持ちを胸に刻んで北海道に来る新幹線時代のスタートを切って行きたいと思う。開業がゴールではなくこれからが新たな交流、連携のスタートである。沿線地域の方々にも成果と効果を実感して頂けるよう安全運行を最大限に心掛けながら取り組んでいく。」との挨拶がありました。
DSC03942_320
JR北海道島田社長

また、石井国土交通大臣からは、「訪日外国人を含めたより多くの観光客が青函エリアや道南地域を訪れ、さらには新函館北斗駅を起点に開業効果が波及することを期待する。」と挨拶がありました。
DSC03972_320
石井国土交通大臣

高橋北海道知事からは、「いよいよ私たちが待ちに待った北海道新幹線の一番列車発車、そのベルの音が鳴り響く時を今迎えようとしている。いよいよ北海道にも新幹線時代の幕開けとなった、これは、ゴールでなくスタートだ、私たち道民はこの夢の乗り物である新幹線を最大限に活用して、広大な北海道、隅々までの地域の活性化に向けてしっかりと取り組んで行かなければならない。我々にとって新たな挑戦の始まりである。」と挨拶がありました。
DSC04006_320
高橋北海道知事

DSC04039_320
挨拶する高谷北斗市長

一番列車「はやぶさ10号」が出発する11番ホーム先端では、くす玉開披が行われ、6:35鳴海新函館北斗駅長の出発合図により、東京へ向けて動き出しました。
DSC04072_320
DSC04169_320
DSC04183_320
「はやぶさ10号」を見送る人々

DSC04200_320
DSC04221_320
3月26日の函館駅

DSC04225_320
DSC04240_320
道南いさりび鉄道の案内がある

DSC04251_320
DSC04280_320 DSC04287_320
DSC04653_320
乗客のお出迎えが行われた

また函館駅では、並行在来線としてJR北海道から経営を引き継いだ、道南いさりび鉄道開業記念出発式と北海道新幹線に連絡するアクセス列車、新函館北斗~函館間を結ぶ「はこだてライナー」の出発式が行われました。
JR北海道島田社長、道南いさりび鉄道小上社長、石井国土交通大臣、高橋北海道知事の挨拶があり、関係者によるくす玉開披が行われました。
vs160416-003_320
JR北海道島田社長

vs160416-004_320
道南いさりび鉄道小上社長

vs160416-005_320
石井国道交通大臣

vs160416-006_320
高橋北海道知事

DSC04524_320
DSC04534_320
テープカット、くす玉開披

11:53発の新函館北斗行「はこだてライナー」の乗務員への花束贈呈が行われ、高梨駅長の出発合図により列車が新函館北斗に向けて出発しました。
DSC04545_320
はこだてライナー乗務員へ花束贈呈

DSC04575_320
高梨駅長による出発合図

また、「はこだてライナー」出発後、道南いさりび鉄道への花束贈呈、道南いさりび鉄道特別応援隊で歌手の徳永ゆうきさんの挨拶があり、12:00発、地域情報発信列車「ながまれ号」を使用した上磯行が、出発しました。
DSC04591_320
道南いさりび鉄道乗務員へ花束贈呈

vs160416-007_320
道南いさりび鉄道特別応援隊で歌手の徳永ゆうきさんからの挨拶

DSC04635_320
情報観光発信列車「ながまれ号」出発

道南いさりび鉄道は、五稜郭~木古内間を結ぶ37.8キロの路線で、旅客輸送の他、北海道と本州を結ぶ貨物列車の重要な路線となっています。また、旅客列車は全列車函館に直通運転をしています。地域情報発信列車「ながまれ号」は、普段は通常列車として運行し、イベントなどの団体列車として運行する時は、ボックス席の間に、道南杉を使用したテーブルが取り付けられます。「ながまれ」とは、道南地域の懐かしい方言で「ゆっくりして」とか「のんびりして」という意味があります。
本州から北海道新幹線で新函館北斗~函館~道南いさりび鉄道で木古内というルートも可能です。
DSC04798_320
はこだてライナー
DSC04901_320
道南いさりび鉄道、地域情報発信列車「ながまれ号」

DSC04659_320
函館市電では北海道新幹線の開業を記念して無料電車が運行された。

DSC04808_320
ブルーインパルスの展示飛行も行われた

動画

準備が進む、北海道新幹線

3月26日、北海道新幹線が新青森~新函館北斗間で開業します。
DSC04656_320
新函館北斗駅に停車中のH5系

DSC08331

途中の駅は、奥津軽いまべつ、木古内です。北海道新幹線開業後は、東北新幹線(東京~新青森)へ直通運転を行い、東京~新函館北斗間を最短4時間2分、仙台~新函館北斗間は最短2時間30分で結ばれます。
また、新函館北斗~函館間は、新幹線に接続する「はこだてライナー」が運行され、最短下り19分、上り15分で結ばれるようになります。
DSC01017
DSC00934

DSC00978
函館と新函館北斗を結ぶ「はこだてライナー」快速と普通列車がある。

動画

1月28日報道関係者向けの試乗会が行われ、2月13・14日には、一般向けに開催され、募集定員を超える多数の応募の中から抽選で当選した、合計約3,000名がこの両日に乗車しました。
DSC04968
新函館北斗駅

DSC04462
DSC04954
北斗市パネル展

DSC04487
受付のあるコンコース

DSC04495
新幹線ホームへの入口

DSC04533
DSC04528
ホームドアに掲示してある編成案内

北海道新幹線H5系は、東北新幹線を走るE5系と同じ「常盤グリーン」に、ボディ下部は、気品のある「飛雲ホワイト」を使用、そして中央の帯には、H5系のオリジナルのライラック、ルピナス、ラベンダーの想起させる「彩香パープル」を配置しています。
DSC09267_320
H5系

また、1~7の奇数号車と10号車の車体側面には、「シロハヤブサ」をモチーフしたシンボルマークが掲出してあります。
DSC04521
車内に入ると、1~8号車までは普通車で2列+3列のシートが並び各席に電源コンセントが備え付けられています。
DSC04635
DSC04663
また、床下は、北海道らしく雪印模様になっています。
9号車がグリーン車、10号車はグランクラスとなっています。
DSC04550
グランクラスについては、前日の1月27日に車内サービス内容の発表があり、東北・北海道新幹線の沿線をイメージした「オリジナル」なサービスを提供、和軽食、洋軽食は、東北・北海道新幹線の沿線各地域をイメージしたメニューとするとともに季節感を演出した内容となり、特に、和軽食は東京発と新函館北斗発でメニューが異なります。また、ドリンクサービス(日本酒やスパークリングアルコール等)、茶菓子、おつまみも沿線ゆかりのものが提供されます。
DSC04281
車内サービス内容の発表の様子
DSC04245
グランクラスシート
DSC04381
専任アテンダント
DSC04260
グランクラスでのサービス内容
DSC04423
和軽食

新函館北斗を発車すると、A席側に北海道新幹線の基地、函館総合車両基地が見えてきて、
DSC04810
函館総合車両基地

DSC04711
DSC04721
車窓からの函館山

E席側には、しばらく、函館のシンボル函館山が見えてきます。カーブを曲がると函館山がA席側の車窓へ移り、上磯付近のセメント工場が見えてしばらくすると高い壁になり、6本のトンネルを抜けると木古内に到着します。最高速度は260キロですが、この日は雪のため210キロまでの運転でした。所要時間は13分、あっという間の旅でした。
DSC04807
DSC04794_320
木古内に到着したH5系
DSC04823
DSC04833
キーコ駅長

DSC06034
木古内駅
DSC06107

DSC06041
駅前には道の駅がオープンした

2月13日の一般向け試乗会の様子
撮影協力:増井 慎吾
DSC_5120
受付会場
DSC_5125
受付へ向かう試乗参加者
DSC_5145
これから乗る北海道新幹線H5系を撮影

DSC_5118DSC_5186
DSC_5190
新函館北斗駅では、記念撮影、体験、グッズ販売などのイベントが行われた

安全面では、異常時での訓練を実施していて、2月26日は、新青森発の訓練列車が、青函トンネルに入り、竜飛定点を過ぎて火災報知装置が動作し、北海道側の吉岡定点に停止したことを想定し訓練が行われ、乗客を吉岡定点の避難所へ誘導、新青森より救援列車が、「RS-ATC」を使用し、逆線運転により吉岡定点に向かい、乗客を乗せて新函館北斗へ向かいました。
DSC07843
避難誘導をする車掌
DSC07874
吉岡定点
DSC07889
DSC07895
避難所へ向かう乗客
DSC07919
DSC08067

DSC08027
避難所にて説明をする現地責任者

DSC08076
救援列車への誘導をする現地責任者

DSC08095
通路内では係員が誘導をしている

DSC08099

DSC08132
吉岡定点に逆線運転で到着する救援列車

DSC08154
乗客を救援列車へ誘導
訓練には120名が参加し、JR北海道の西野副社長から講評があり、その中で「新幹線が開通しても課題がゼロになることはない、安全の取り組みにゴールはないので、常に一つずつ課題を洗い出しながら安全の確率を少しでも上げていくという取り組みを行って参りたい。」と述べました。
DSC08275
閉会式

開業一ヶ月前の2月26日より指定券の発売が開始されました。北海道新幹線は開業へ向けての準備が着々と進んでいます。  DSC05043
DSC04921

 

「北海道新幹線」アクセス用列車「はこだてライナー」

2016年3月26日に北海道新幹線の新青森~新函館北斗間が開業します。
またこの開業より、終点の新函館北斗~函館間を結ぶ新幹線アクセス用列車「はこだてライナー」が登場します。
DSC01292
DSC01137
沿線の各駅では北海道新幹線開業をPRしている。
DSC01242
開業を待つ北海道新幹線

DSC01031
DSC01005
新函館北斗~函館間に運行される「はこだてライナー」

車両のデザインコンセプトは、外観は「新幹線と連携・一体感」と「北海道らしさ」をイメージし、
北海道新幹線車両(H5系)と同様のパープルをメインカラーに、北海道の新緑のイメージで
JR北海道のコーポレートカラーでもあるライトグリーンの帯を纏っています。
ヘッドマークと側面のエンブレムには、地元沿線の函館山や五稜郭を連想させるデザインが施されています。
DSC00924
ヘッドマーク

DSC00847
車体側面のエンブレム

DSC00963

車内は、「北海道の豊かな自然」と「函館の異国情緒」をイメージし、シートは北海道の広大な 草原風景のグリーン系とし、乗降ドア付近はパーティションに北海道の自然を感じる木目を ドア部分には、函館のレンガ倉庫や修道院を連想させてるレンガ色となっています。

DSC07821
DSC07832
北海道の広大な草原風景をイメージしたロングシート

DSC07836
函館のレンガ倉庫や修道院を連想させるレンガ色のドア

また、1月24日日曜日には、「はこだてライナー」に一足先に観ることが出来る
「はこだてライナー」車両公開が、JR函館駅4番ホーム(11時から13時)で行われます。ホームにて外観や車内の見学が出来ます。また来場者には車両公開記念証のプレゼントがあります。
見学には、入場券、または乗車券が必要です。