開業1周年を迎えた北陸新幹線 北陸の取り組み

3月14日に北陸新幹線が開業し1年目を迎えた北陸3県(富山県、石川県、福井県)を首都圏でPRするイベントが、北陸の経済発展、企業誘致と観光振興に取り組んでいる、北陸経済連合会により開催されました。
P1030632
2月1日は、都内のホテルにて、毎年恒例の「北陸フォーラム2016」開催、商品ジャーナリストの北村 森氏による講座では「北陸の魅力と可能性」をテーマに、北陸の魅力が紹介されました。
P1030634
北村 森氏による北陸ミニ講座「北陸の魅力と可能性」

また、講演では、コマツ相談役の坂根 正弘氏による「ダントツの強みを磨け 地方創生と企業の役割」の演題ので講話があり、北陸3県の海の幸や名物が振舞われました。
P1030647
コマツ相談役の坂根 正弘氏による講演

P1030641
P1030642
北陸を紹介するパネル展示

P1030654
挨拶をする北陸経済連合会 久和会長

P1030672 P1030648 P1030650
北陸の名物料理が並んだ

P1030671 P1030679 P1030685 P1030686
北陸の魅力を紹介するステージイベントが行われた

2月27日には、江ノ電の鎌倉駅で北陸フェアを開催、電車を貸切、「北陸うまいもの号」を運転、たくさんの応募の中から当選した招待客を乗せて、鎌倉・藤沢間を往復しました。

鎌倉駅では、北陸フェアが開催された
DSC08818 DSC08822 DSC08827 DSC08829 DSC08841DSC08857 DSC08847
コンコースにはPRブースが設けられた
DSC08918
「北陸うまいもの号」出発前のセレモニー

DSC08934
「北陸うまいもの号」
DSC08969
作家の神津カンナさんによる乾杯
DSC08959
DSC08983
DSC08980
車内では、楽しいイベントが行われた

車内には、北陸の日本酒や北陸の名産、ますずし、鯖棒ずし、かまぼこ、しにん昆布巻、小鯛の笹漬け、へしこなどがテーブルに置かれ、北陸3県の魅力の紹介やクイズ大会などが行われ、往復1時間10分ほどの旅を楽しみました。
翌日28日は、鎌倉駅で伝統工芸体験(五箇山和紙、若狭塗箸、金箔)が開催されました。
DSC09018
DSC09017
翌日は、車内で伝統工芸体験を開催
DSC09102
DSC09154
五箇山和紙

DSC09138  DSC09197 DSC09203
若狭塗箸

DSC09204 DSC09213

DSC09187
金箔

また、鎌倉・藤沢・横浜から福井・小松・金沢へのる夜行高速バスが、江ノ電バスと北陸鉄道の共同運行されています。3列独立シートなのでゆったりしています。

北陸新幹線が開業して便利になった北陸に足を運んではいかがでしょうか?

準備が進む、北海道新幹線

3月26日、北海道新幹線が新青森~新函館北斗間で開業します。
DSC04656_320
新函館北斗駅に停車中のH5系

DSC08331

途中の駅は、奥津軽いまべつ、木古内です。北海道新幹線開業後は、東北新幹線(東京~新青森)へ直通運転を行い、東京~新函館北斗間を最短4時間2分、仙台~新函館北斗間は最短2時間30分で結ばれます。
また、新函館北斗~函館間は、新幹線に接続する「はこだてライナー」が運行され、最短下り19分、上り15分で結ばれるようになります。
DSC01017
DSC00934

DSC00978
函館と新函館北斗を結ぶ「はこだてライナー」快速と普通列車がある。

動画

1月28日報道関係者向けの試乗会が行われ、2月13・14日には、一般向けに開催され、募集定員を超える多数の応募の中から抽選で当選した、合計約3,000名がこの両日に乗車しました。
DSC04968
新函館北斗駅

DSC04462
DSC04954
北斗市パネル展

DSC04487
受付のあるコンコース

DSC04495
新幹線ホームへの入口

DSC04533
DSC04528
ホームドアに掲示してある編成案内

北海道新幹線H5系は、東北新幹線を走るE5系と同じ「常盤グリーン」に、ボディ下部は、気品のある「飛雲ホワイト」を使用、そして中央の帯には、H5系のオリジナルのライラック、ルピナス、ラベンダーの想起させる「彩香パープル」を配置しています。
DSC09267_320
H5系

また、1~7の奇数号車と10号車の車体側面には、「シロハヤブサ」をモチーフしたシンボルマークが掲出してあります。
DSC04521
車内に入ると、1~8号車までは普通車で2列+3列のシートが並び各席に電源コンセントが備え付けられています。
DSC04635
DSC04663
また、床下は、北海道らしく雪印模様になっています。
9号車がグリーン車、10号車はグランクラスとなっています。
DSC04550
グランクラスについては、前日の1月27日に車内サービス内容の発表があり、東北・北海道新幹線の沿線をイメージした「オリジナル」なサービスを提供、和軽食、洋軽食は、東北・北海道新幹線の沿線各地域をイメージしたメニューとするとともに季節感を演出した内容となり、特に、和軽食は東京発と新函館北斗発でメニューが異なります。また、ドリンクサービス(日本酒やスパークリングアルコール等)、茶菓子、おつまみも沿線ゆかりのものが提供されます。
DSC04281
車内サービス内容の発表の様子
DSC04245
グランクラスシート
DSC04381
専任アテンダント
DSC04260
グランクラスでのサービス内容
DSC04423
和軽食

新函館北斗を発車すると、A席側に北海道新幹線の基地、函館総合車両基地が見えてきて、
DSC04810
函館総合車両基地

DSC04711
DSC04721
車窓からの函館山

E席側には、しばらく、函館のシンボル函館山が見えてきます。カーブを曲がると函館山がA席側の車窓へ移り、上磯付近のセメント工場が見えてしばらくすると高い壁になり、6本のトンネルを抜けると木古内に到着します。最高速度は260キロですが、この日は雪のため210キロまでの運転でした。所要時間は13分、あっという間の旅でした。
DSC04807
DSC04794_320
木古内に到着したH5系
DSC04823
DSC04833
キーコ駅長

DSC06034
木古内駅
DSC06107

DSC06041
駅前には道の駅がオープンした

2月13日の一般向け試乗会の様子
撮影協力:増井 慎吾
DSC_5120
受付会場
DSC_5125
受付へ向かう試乗参加者
DSC_5145
これから乗る北海道新幹線H5系を撮影

DSC_5118DSC_5186
DSC_5190
新函館北斗駅では、記念撮影、体験、グッズ販売などのイベントが行われた

安全面では、異常時での訓練を実施していて、2月26日は、新青森発の訓練列車が、青函トンネルに入り、竜飛定点を過ぎて火災報知装置が動作し、北海道側の吉岡定点に停止したことを想定し訓練が行われ、乗客を吉岡定点の避難所へ誘導、新青森より救援列車が、「RS-ATC」を使用し、逆線運転により吉岡定点に向かい、乗客を乗せて新函館北斗へ向かいました。
DSC07843
避難誘導をする車掌
DSC07874
吉岡定点
DSC07889
DSC07895
避難所へ向かう乗客
DSC07919
DSC08067

DSC08027
避難所にて説明をする現地責任者

DSC08076
救援列車への誘導をする現地責任者

DSC08095
通路内では係員が誘導をしている

DSC08099

DSC08132
吉岡定点に逆線運転で到着する救援列車

DSC08154
乗客を救援列車へ誘導
訓練には120名が参加し、JR北海道の西野副社長から講評があり、その中で「新幹線が開通しても課題がゼロになることはない、安全の取り組みにゴールはないので、常に一つずつ課題を洗い出しながら安全の確率を少しでも上げていくという取り組みを行って参りたい。」と述べました。
DSC08275
閉会式

開業一ヶ月前の2月26日より指定券の発売が開始されました。北海道新幹線は開業へ向けての準備が着々と進んでいます。  DSC05043
DSC04921

 

小湊鐵道の里山トロッコ列車

千葉県の五井から上総中野間を結ぶ、小湊鐵道に3月18日から里山トロッコが運転を開始します。
DSC08628 DSC08630

DSC08640
区間は、上総牛久から養老渓谷間です。このトロッコ列車のポイントは、無駄なものは省き安全の規制の中で最もシンプルに作り上げられた車両で、4両の小さな2軸客車は、2・3号車は展望車両で開放的な空間、1・4号車は、冷暖房完備の車両で、全車両木材を使用したクロスシートが並びます。
DSC08636
DSC08641
また、天井はガラス張りとなっていて里山の空を愉しめ、展望車両は、窓をなくし開口部の幅を最大限に拡げ車窓が楽しめるようになっています。
DSC08634
DSC08726
もう1つのポイントが、由来を大切にしているで、養老渓谷側には、かつて小湊線で活躍した創業時運行したドイツコッペル社製4号機関車(DB4形)を残っていた図面を元に復元し、動力については、環境に配慮し未来系のクリーンディーゼルしています。
DSC08678
乗車すると、機関車は、本物と同じように汽笛や煙をはき、車内放送のオルゴールも昔聴いた事のある懐かしい曲「アルプスの牧場」となっています。列車はゆっくりと小湊線をすすみ、二軸車なのでいつも鉄道車両とは違う揺れが体感出来ます。
DSC08688
車窓は、養老川に沿って進みながら、線路際に田んぼや畑ある里山や昔どこか懐かしい駅舎に停車しながら進みます。クリーンディーゼルなので展望車ではトンネルに入ると石を積んだ壁がよく観察出来ます。乗車時間は約1時間で、終点の養老渓谷駅に到着。里山車窓を眺めながらの楽しい旅でした。これから里山の案内人、人との交流の場として活躍を期待します。
DSC08670
里山弁当「春」

DSC08690
小湊鐵道がラベルに書かれた、いちはら梨サイダー


関係者向けの試乗会動画

また、観光ボランティアガイド「かずさのくに国府探検会」による
市原の歴史文化の紹介があり、
今回は、Bコース 国分寺・国分尼寺の実像を求めて
上総更級公園→国分僧寺史跡→神門古墳→国分尼寺史跡 (2km・ウォーキング)
を訪問しました。
このコースのガイド定例開催日時は、5月10日(火) 9:30~12:00
ガイドは無料ですが、資料代(100円)を寄付
グループでの申込の場合は、随時ガイド可能です。

上総更級公園
10月1日(土)・2日(日)に上総更級公園、上総大路などで開催の「上総いちはら国分祭り」では、オープニングイベントで更級日記旅立ち行列や源頼朝武者行列に加え、日本最大級の山鉾と上総国分寺の七重ノ塔を模した山車が巡行をします。
DSC08515
DSC08474
DSC08537
上総いちはら銀杏山鉾

DSC08509
七重ノ塔万燈山車

聖武天皇が諸国に造営を命じた国分僧寺、国分尼寺は奈良時代最大の国家プロジェクトで、その中でここ上総の国分寺・国分尼寺は、寺院地の大きさが、僧寺が全国3位、尼寺が全国1位で、寺院の全容が初めて解明できた学術的にも貴重な国指定史跡です。

国分僧寺史跡
DSC08554
西門跡は八脚門でした。

DSC08565
国分寺仁王門

DSC08570
ここに七重塔が建っていた
DSC08572
七重塔の礎石

神門古墳(ごうどこふん)
DSC08584
弥生時代末期に造られた東日本最古の古墳です。

国分尼寺
DSC08590
史跡上総国分尼寺跡展示館

DSC08605 DSC08611 DSC08621
中門回廊が当時の建設様式そのままに復元されている。

また、養老渓谷駅から足を伸ばすと、里見家ゆかりのお寺、宝林寺があります。
DSC08780
養老渓谷駅
DSC08777
宝林寺
DSC08772
ぶっちゃけ寺に出演している千葉住職。

里山トロッコ列車を乗りに足を伸ばしてはいかがでしょうか。