東武鉄道「異常時総合訓練」実施

今年も東武鉄道の「異常時総合訓練」が、南栗橋車両管区において実施されました。
この訓練は、踏切事故やテロなどに重大事故が発生した場合における併発事故防止や、負傷者の救出・救護、お客様の避難誘導、
事故復旧体制の確立など、異常時における知識・技能の向上を目的に、1965年から毎年実施されています。
社内の各現業職場、グループ会社や協力会社など約100名が参加しました。また、今年は埼玉県鉄道災害消防活動安全連絡協議会の
訓練として、埼玉県第4ブロック消防本部および埼玉県内の21消防本部も参加し、合同訓練が行われました。
開会宣言の後、東武鉄道根津社長の訓示で、「安全対策に終わりはない、安全は東武鉄道、東武グループの根幹、この機会に再度再確認をしてもらいたい」と話していました。

DSC03851_400
都筑取締役鉄道事業本部副本部長による開会宣言

DSC03862_400
根津社長による訓示

DSC03891_400
訓練概要説明をする田中鉄道事業本部運輸部運行管理所長

今回の事故の想定は、伊勢崎線久喜駅~鷲宮駅の踏切道で踏切道内に進入した乗用車と、館林発東武動物公園行の列車が接触し、乗用車は大破、運転者(重症)が車内に閉じ込められ救出困難な状況となり、また車内の乗客にも複数名の負傷者が発生、この事故で車両が脱線し、線路、架線、通信線、踏切、保安装置等が損傷、東武動物公園駅~加須駅間が不通となる内容でした。

動画はこちら

以下の訓練が順番に実施されました。
第1訓練は、踏切障害事故(列車脱線時)発生時の処置訓練(併発事故防止)

DSC03928_400
踏切道内に乗用車を発見

DSC03930_400
TEスイッチ(列車緊急防護スイッチ)を操作により、防護発報の発信、非常ブレーキ操作、パンタグラフ降下が同時に行われる。

DSC03908_400
テントには、列車と連絡をやりとりする、運転指令や久喜駅などのブースがある。

DSC03960_400
列車接触により、付近の列車への防護合図をする運転士

DSC04026_400
現場責任者(今回は久喜駅長)へ状況を報告する運転士と車掌

第2訓練 消防・警察と合同による負傷者の救護および避難誘導訓練
DSC04054_400
消防隊に合図する係員

DSC04061_400
消防隊と打ち合わせをする久喜駅長

DSC04080_400
到着し救出準備をする消防隊

DSC04095_400
乗用車の運転車を救出する消防隊

DSC04198_400
DSC04254aJPG_400
車内での負傷者を救出する消防隊

DSC04233_400
シートをすべり台にして、乗客を降車させる乗務員と駅係員

今回は、この後埼玉県鉄道災害消防活動安全連絡協議会の閉会式が行われました。
DSC04315_400
講評する田中さいたま市消防局警防部長

DSC04343_400
講評する関口取締役鉄道事業本部副本部長

第3訓練 対策本部指揮による事故復旧訓練
DSC04387_400
乗用車を移動するレッカー事業者

乗用車を移動後、一斉に事故復旧訓練が行われました

DSC04456_400 DSC04463_400
通信線を復旧する係員

DSC04662_400

DSC04474_400
軌道を復旧する係員

DSC04483a_400
架線を復旧する係員

DSC04486a_400
DSC04496_400
踏切設備を復旧する係員

DSC04552_400 DSC04575_400
脱線した車両を復旧する係員
DSC04901_400
ジャッキアップで車両をレールに戻したのち、脱線した一軸目に仮台車が装着された

第4訓練 救援列車による併結訓練
DSC04924_400
事故車両は、制御器破損の為自走不能

DSC04982_400
運転指令より後続列車が救援列車となり到着

DSC04996_400
DSC05007_400
車掌の入換合図で事故車両と連結をする
DSC05014_400
連結準備をする係員

DSC05036_400
事故車を推して久喜駅まで移動する救援列車

訓練終了後に閉会式が行われました。
DSC05039_400
講評する都筑取締役鉄道事業本部副本部長

DSC05044_400
講評する内田埼玉県東部消防組合消防局長

DSC05045_400
田崎鉄道事業本部運輸部運転課長による閉会宣言

こういった取り組みにより、鉄道に携わる人々のさらなる安全への意識、技能の向上が養われ、突然の事故にも迅速対応が出来るのではと思います。

列車の事故は多くの人を巻き添えにしてしまいます。そうならない様に心掛けないとならないと思いました。

 

 

 

 

 

京都丹後鉄道・特急車両「丹後の海」運行開始

今年4月に上下分離で運行を開始した、京都丹後鉄道(以後 丹鉄)(施設保有:北近畿タンゴ鉄道株式会社、運行:WILLER TRAINS株式会社)に、「海の京都」をイメージした車両「丹後の海」が登場しました。

デザインを手掛けたのは、ドーンデザイン研究所の水戸岡 鋭冶氏で、クルーズトレイン「ななつ星 in 九州」や「或る列車」など数多くの車両やJR九州の駅舎デザインを手掛けていて、丹鉄の「あかまつ・あおまつ・くろまつ」も水戸岡氏が手掛けています。また、「あかまつ・あおまつ・くろまつ」は丹後域内の車両でしたが、「丹後の海」は、JRへの直通も出来て、丹後域内外を結ぶ車両となります。

12月1日出発分からは丹鉄沿線の人が、東京観光、東京ディズニーリゾートへ丹鉄と高速バスWILLER EXPRESSをセットにした商品を発売されています。天橋立・宮津駅から特急で京都駅へそこから高速バスWILLER EXPRESSで目的地へ向かいます。
DSC0763

DSC07600_400
WILLER TRAINS 村瀨社長とドーンデザイン研究所 水戸岡 鋭冶氏

今回の「丹後の海」は、1996年から導入の特急車両ダンゴ・ディスカバリー(KTR8000形)を改造した車両で、外観は、 丹後の美しい海を想起する、藍色メタリックを使用し丸みのあるオデコを生かしています。
DSC05657_400
ダンゴ・ディスカバリー

また、シンボルやロゴには金色を使用し、側面には、松、丹鉄のロゴ、海が描かれています。
DSC07582_400
車体のいたる所には、シンボルやロゴを配し、どこで撮っても記念撮影になるように配慮がなされています。

車内に入ると天井から床まで可能な限りの天然木を使用し、豊かな空間を演出しています。
DSC07534_400

座席も種車のものをリニューアルしており、その際に木が使われています。
DSC07518_400
また、自由席側にはフリースペースが設けられ、ソファーに腰掛け車窓を楽しみながら、会話が弾みます。
DSC07560_400
11月13日には、宮津駅で出発式が行われ、乗務員への花束贈呈やWILLER TRAINSの村瀨社長、宮津市長、デザインを手掛けたドーンデザイン研究所の水戸岡 鋭冶氏などによるテープカットが行われました。
DSC03794_400 DSC03800_400

運行スケジュールは以下の通りです。
京都丹後鉄道・特急車両「丹後の海」
※このダイヤは予定であり、変更される場合がございます。
※途中駅の時間は各時刻表でご確認下さい。
詳細は、京都丹後鉄道のホームページをご覧ください。

動画はこちら

NEXCO中日本「SA・PA メニューコンテスト全国大会 予選会」

10月24日土曜日、東京都豊島区にある武蔵野調理師専門学校で、NEXCO中日本による第8回 メニューコンテスト(SA・PAメニューコンテスト全国大会 中日本予選会)が開催されました。NEXCO中日本のメニューコンテストは、2008年より開催され、今年で8回目となります。また、今年はグランプリを受賞すると高速道路会社の創立10周年を記念し、NEXCO中日本、NEXCO東日本、NEXCO西日本と共同で高速道路No.1のグルメを決定する  「SA・PA メニューコンテスト全国大会」へ出場できる予選会でもあります。
DSC02295_640
NEXCO中日本エリアのサービスエリア・パーキングエリア、35品が予選に参加し、東京・静岡・名古屋・八王子・金沢の各地区から選ばれた12品が今回の予選会に出場しました。テーマは、「地元の食材を使用し、地域の食文化や魅力があふれるメニュー」で地域に伝わる郷土料理や調理方法を活用するなど、そのエリアでしか味わうことのできないメニューで各出場者が競い合いました。
審査員は、フードジャーナリストの中村 壽美子 氏、料理研究家の藤井 恵 氏、中日本高速道路㈱ サービスエリア事業部長の青山 忠司 氏、中日本エクシス㈱ 代表取締役社長 勝美 雄次氏、食生活ジャーナリストで中日本エクシス㈱ CS・広報推進室 主幹の加藤 貞仁氏の5人で、料理一品々を審査していきました。

調理会場を見学する審査員
DSC02334_640 DSC02368_640 DSC02371_640

調理会場見学、開会式の後いよいよ試食審査がはじまりました。

DSC02424_640
開会式で挨拶する中日本エクシス㈱勝美社長
DSC02417_640
開会式に出席した審査員と調理責任者

調理責任者が審査員に、メニューの説明やPRをおこない、審査員より
試食の感想が述べられました。
DSC02538_640
DSC02608_640
説明する調理責任者
DSC02500_640
審査時基準は、
1.美味しさ、料理としてのバランス
2.彩り、盛り付け、器のこだわり
3.コストパフォーマンス
4.地元食材のこだわり、ご当地感の演出、開発ストーリー
5.独創性なアイデア、工夫
です。

試食審査の後、表彰式、閉会式おこなわれ、以下の4品がグランプリに選ばれました。全国大会に出場するメニューは

東名高速道路 足柄SA(上り線)
足柄㊤東海道御厨三国 
東海道御厨三国
~富士から奏でる伝統と祝膳~
3,000円(税込)

東名高速道路 牧之原SA(下り線)
牧之原㊦まきのはら茶漬_640
「おごっつォ!」 まきのはら茶づけ
1,980円(税込)

中央自動車道 梓川SA(上り線)
梓川㊤『野麦峠~すんきとうじ蕎麦~』【斜め】_640
野麦峠
~すんきとうじ蕎麦~
1,620円(税込)

北陸自動車道 有磯海SA(下り線)
有磯海㊦ (斜め)_640
越中とやま 食の玉手箱 “旅のしおりに想いを込めて”
3,200円(税込)
です。

また、審査員特別賞メニューは、

東名高速道路 海老名SA(上り線)
3種ヌードル食べ比べセット
1,980円(税込)
名神高速道路 多賀SA(下り線)
近江牛と琵琶鱒の旅路
1,680円(税込

東海北陸自動車道 関SA(上り線)
岐阜ぶらり周遊膳
~味なお散歩~
高山から郡上そして関へ
2,480円(税込)

優秀賞ニュー

新東名高速道路 駿河湾沼津SA(上り線)
富士の恵み
~海と山の贈り物~
1,980円(税込)
北陸自動車道 有磯海SA(上り線)
龍宮食彩御膳
1,800円(税込)
中央自動車道 談合坂SA(上り線)
fu-rin-ka-zan(フウリンカザン)
1,980円(税込)
北陸自動車道 尼御前SA(上り線)
海の御膳、青の三昧、
伊仏の風
2,400円(税込)
中央自動車道 恵那峡SA(上り線)
飛騨路ふらんす
2,500円(税込)
が受賞しました。

12月22日は、いよいよ「SA・PA メニューコンテスト全国大会」です。
どのメニューが高速道路No.1グルメになるのか楽しみです。

DSC02866_640