高岡の観光列車

昨年、北陸新幹線が開業した高岡には、国宝・瑞龍寺や前田利長墓所、高岡城跡(高岡古城公園)、高岡御車山、山町筋重要伝統的建造物群保存地区、菅野家住宅、金屋町重要伝統的建造物群保存地区、銅造阿弥陀如来坐像(高岡大仏)など歴史的価値のある、有形・無形文化財があり、文化庁が創設した第1弾日本遺産に高岡市の「加賀前田家ゆかりの町民文化が花咲くまち高岡―人、技、心―」が認定されています。
#113104201_320
国宝・瑞龍寺

#113835763_320
金屋町重要伝統的建造物群保存地区

その高岡駅を起点とする、城端線(高岡~城端)・氷見線(高岡~氷見)に、観光列車「ベル・モンターニュ・エ・メール」(愛称:べるもんた)が運行されています。
DSC09578_320
観光列車「ベル・モンターニュ・エ・メール」(愛称:べるもんた)

DSC09202_320
DSC09132_320
DSC09209_320
列車と一緒に記念撮影も出来る

列車名は、山の城端線・海の氷見線の特徴である「美しい山と海」をフランス語で表現しています。また、個性的な名称を親しみを持って呼んもらうため、愛称名を「べるもんた」としています。
ロゴデザインは、ゴールドの枠は窓枠を表し、車窓から見える山と海をシンボリックに描いてあります。また、 「Belles montagnes et mer」の文字で、城端線・氷見線を結ぶレールと、旅で訪れた土地と旅人の心をつなぐ架け橋をイメージしています。
DSC09126_320
ロゴデザイン

この車両コンセプトは、「走るギャラリー」で、窓枠を額縁に見立て、山の城端線・海の氷見線の一番の魅力である変化に富んだ美しい自然の車窓を一枚の絵画のように望むことが出来ます。また、車内の随所に、沿線の伝統工芸品である「高岡銅器」や「井波彫刻」をイメージした装飾がなされています。
DSC09326_320
DSC09331
額縁風にデザインされた窓枠は、最大幅2.52メートルある

DSC09304
つり革の持ち手は、高岡銅器をイメージする銅箔、持ち手の上には、
城端・氷見線沿線4市を代表する図柄が装飾されている

DSC09228_320
富山県南砺市の伝統工芸品「井波彫刻」が8作品展示

DSC09298_320
砺波市の伝統工芸品が展示してある

DSC09080_320

DSC09266_320
額縁に見立てた窓枠から望んだ雨晴海岸

DSC07686_320

#115428670_320
雨晴岩

車内では、「天然の生け簀」と称される富山湾で揚がる鮮度抜群の地魚と富山県産米を使った「富山湾鮨」を車内で鮨職人が握る、「ぷち富山湾鮨セット」(提供列車限定・事前予約制で3日前まで販売、購入はVISIT富山県へ)や城端線・氷見線沿線の造り酒屋で醸された地酒とおつまみのセット、「ほろ酔いセット」(予約不要・数量限定)が味わえます。

DSC09283_320
車内で鮨職人が握る「富山湾鮨」が味わえる

DSC09275_320
車内では、「高岡ラムネ」や「ほたるいか素干し」、「ゆずみそ」、「白えび紀行(柿山)」などの特産品が購入出来る

また、観光ボランティアガイドの方が同乗し沿線の説明をしてくれます。
DSC09252_320
観光ボランティアの方による沿線説明

運転日・運転時刻
2016年2月28日(日曜日)の土曜日・日曜日 全車指定席
3月以降のについては、JR西日本のホームページにて発表
土曜日:城端線・氷見線(新高岡・高岡~氷見駅間) 1日2往復(最終は、氷見発高岡行)
停車駅:新高岡・高岡・伏木・雨晴・氷見

日曜日:運転区間:城端線(高岡~城端駅間) 1日2往復
停車駅:高岡・新高岡・砺波・福野・福光・城端

高岡には、他にも観光列車があります。
万葉線(高岡駅~越ノ潟)
高岡市出身の漫画家藤子・F・不二雄さんの代表作「ドラえもん」は、2112年9月3日の誕生、「誕生100年前」を記念して、2012年9月、万葉線に「ドラえもんトラム」が誕生しました。
車内外に、ドラえもんのキャラクターデザインされ、海外からも乗りに来るとても人気のあるトラムです。
DSC08539_320 #1623113888_320
夏に行われる「高岡七夕まつり」七夕と一緒に万葉線が撮れる

氷見線(高岡~氷見)・城端線(高岡~城端)
氷見市出身の漫画家藤子不二雄Aさんにちなんだ、忍者ハットリ列車があります。
氷見線と城端線で運行され、氷見線では、忍者ハットリくんの声による沿線の案内放送があります。
DSC09542_320

万葉線(高岡駅~越ノ潟)
万葉線の土日祝日には、射水市新港生まれの落語家 立川志の輔さんによる車内放送が、全25駅で流れます。ドラえもんトラムでは流れません。
DSC09012_320

動画

歴史的文化財と観光列車を乗りに高岡を訪れてはいかがでしょう?

 

万葉線にハイブリッドトラム運行中(2014年8月13日まで)

高岡駅から越ノ潟間を結ぶ路面電車万葉線では、8月13日まで(運休日あり)、応募者を対象にハイブリッドトラムの試乗会が行われています。この車両は普段は鉄道総合研究所にあり、見ることの出来ない車両です。7月21日は、試験開始記念セレモニーが高岡駅で行われました。
DSCN0470
高岡市長・射水市長など関係者によるテープカットやまた、地元の園児による出発合図により、パンタグラフを使わずにバッテリー電源に切り替えて出発して行きました。
DSCN0500

車庫のある米島口では、電車フェアが開催され、ハイブリッドトラムや人気のドラえもんトラムなど万葉線の電車が勢ぞろいしました。DSCN0516DSCN0546
また、運行を記念してハイブリッドトラムの展示・車内見学などのイベントが開催され、8月1日から7日までは高岡七夕まつりもあります。
DSCN0692
この機会に訪れてみてはいかがでしょうか?
詳細は万葉線ホームページ
http://www.manyosen.co.jp/

来春に延伸する万葉線 Mayo line of stretching to next spring

万葉線は、富山県の高岡駅前から越ノ潟間、12.8キロを約42分で結ぶ路面電車です。
自動車と並走する併用軌道を走ったり、JR氷見線との立体交差や長い鉄橋を渡り、車窓が飽きない路線です。
車両も超低床車両のLRVや旧型の路面電車があり、ネコ電車やドラえもんトラムがといった楽しい電車が走っています。
IMG_8361_R
LRVとネコ電車

IMG_7873_R
ドラえもんトラム

終点の越ノ潟では、電車を降りると無料の県営フェリー乗船が対岸の堀岡まで運航しています。
以前はこの間に橋があり、越ノ潟から先も電車が走ってました。
現在は、昨年開通した、日本海側最大の斜張橋「新湊大橋」を歩いて渡る事が出来ます。
越ノ潟を降りて、県営フェリーで堀岡へ行き、帰りは「新湊大橋」で富山の眺望を楽しむのも良いでしょう。
IMG_8001_R
県営フェリーと新湊大橋

万葉線は、来年春開通に向けて、新高岡ステーションビルまで延伸する工事が進んでいます。
完成するとJR北陸本線からの乗換えが便利になります。
IMG_3352_R
IMG_3356_R
IMG_3361_R

一個人鉄道動画館でも、万葉線を紹介していますので、是非ご覧下さい!
http://www.ikkojin.net/tr-movie/blog51/2013/10/post-5.html
2013-10-12 16.24.59_R
2013-10-12 16.24.48_R
10月12日に行なわれた、黒部峡谷鉄道での鉄道の日イベントで展示した、加越能鉄道時代の行先サボです。
米島口~伏木港に伏木線があった時代の貴重なものです。

Mayo line is a tram that Koshinokata between , connected by about 42 minutes 12.8 km from Takaokaekimae of Toyama Prefecture .
You can run the combined track to run parallel with the car , over a long iron bridge and overpass with JR Himisen , is a line that does not get tired of the train window .
There is a tram or older LRV of ultra-low- floor vehicle and vehicle , I am running is fun Doraemon train and tram and train cat . In Koshinokata of the end point , prefectural ferry have free to Horioka operates on the opposite shore and get off the train .
There is a bridge during this time before , the train was running well ahead of Koshinokata .
Currently , it is possible to walk across was opened last year , cable-stayed bridge of the Sea of ​​Japan side up to ” Shinminato Bridge ” .
Step off the Koshinokata , go to Horioka in prefectural ferry , return to enjoy the view of Toyama in ” Shinminato Bridge ” is also a good idea . Even one individual railway museum video , so we introduce the Mayo line , please have a look !