開業を迎えた北海道新幹線

3月26日に北海道新幹線(新青森~新函館北斗間)が開業、東京~新函館北斗間が最短4時間2分となりました。
DSC03732_320
開業日の新函館北斗駅では、駅のシャッターが開く前から長い列が出来ていました。
DSC03799_320
駅前には、早朝から長い列が出来た。
DSC03813_320

DSC03909_320
開業式典では、北斗市立大野中学校吹奏楽部による記念演奏が行なわれた。

改札内コンコースでは、開業式典が開催されJR北海道島田社長より挨拶がありました。「北海道民の長年の悲願であった北海道新幹線が開業を迎えようしている。北海道新幹線の実現に関わられた多くの方々への感謝の気持ちを胸に刻んで北海道に来る新幹線時代のスタートを切って行きたいと思う。開業がゴールではなくこれからが新たな交流、連携のスタートである。沿線地域の方々にも成果と効果を実感して頂けるよう安全運行を最大限に心掛けながら取り組んでいく。」との挨拶がありました。
DSC03942_320
JR北海道島田社長

また、石井国土交通大臣からは、「訪日外国人を含めたより多くの観光客が青函エリアや道南地域を訪れ、さらには新函館北斗駅を起点に開業効果が波及することを期待する。」と挨拶がありました。
DSC03972_320
石井国土交通大臣

高橋北海道知事からは、「いよいよ私たちが待ちに待った北海道新幹線の一番列車発車、そのベルの音が鳴り響く時を今迎えようとしている。いよいよ北海道にも新幹線時代の幕開けとなった、これは、ゴールでなくスタートだ、私たち道民はこの夢の乗り物である新幹線を最大限に活用して、広大な北海道、隅々までの地域の活性化に向けてしっかりと取り組んで行かなければならない。我々にとって新たな挑戦の始まりである。」と挨拶がありました。
DSC04006_320
高橋北海道知事

DSC04039_320
挨拶する高谷北斗市長

一番列車「はやぶさ10号」が出発する11番ホーム先端では、くす玉開披が行われ、6:35鳴海新函館北斗駅長の出発合図により、東京へ向けて動き出しました。
DSC04072_320
DSC04169_320
DSC04183_320
「はやぶさ10号」を見送る人々

DSC04200_320
DSC04221_320
3月26日の函館駅

DSC04225_320
DSC04240_320
道南いさりび鉄道の案内がある

DSC04251_320
DSC04280_320 DSC04287_320
DSC04653_320
乗客のお出迎えが行われた

また函館駅では、並行在来線としてJR北海道から経営を引き継いだ、道南いさりび鉄道開業記念出発式と北海道新幹線に連絡するアクセス列車、新函館北斗~函館間を結ぶ「はこだてライナー」の出発式が行われました。
JR北海道島田社長、道南いさりび鉄道小上社長、石井国土交通大臣、高橋北海道知事の挨拶があり、関係者によるくす玉開披が行われました。
vs160416-003_320
JR北海道島田社長

vs160416-004_320
道南いさりび鉄道小上社長

vs160416-005_320
石井国道交通大臣

vs160416-006_320
高橋北海道知事

DSC04524_320
DSC04534_320
テープカット、くす玉開披

11:53発の新函館北斗行「はこだてライナー」の乗務員への花束贈呈が行われ、高梨駅長の出発合図により列車が新函館北斗に向けて出発しました。
DSC04545_320
はこだてライナー乗務員へ花束贈呈

DSC04575_320
高梨駅長による出発合図

また、「はこだてライナー」出発後、道南いさりび鉄道への花束贈呈、道南いさりび鉄道特別応援隊で歌手の徳永ゆうきさんの挨拶があり、12:00発、地域情報発信列車「ながまれ号」を使用した上磯行が、出発しました。
DSC04591_320
道南いさりび鉄道乗務員へ花束贈呈

vs160416-007_320
道南いさりび鉄道特別応援隊で歌手の徳永ゆうきさんからの挨拶

DSC04635_320
情報観光発信列車「ながまれ号」出発

道南いさりび鉄道は、五稜郭~木古内間を結ぶ37.8キロの路線で、旅客輸送の他、北海道と本州を結ぶ貨物列車の重要な路線となっています。また、旅客列車は全列車函館に直通運転をしています。地域情報発信列車「ながまれ号」は、普段は通常列車として運行し、イベントなどの団体列車として運行する時は、ボックス席の間に、道南杉を使用したテーブルが取り付けられます。「ながまれ」とは、道南地域の懐かしい方言で「ゆっくりして」とか「のんびりして」という意味があります。
本州から北海道新幹線で新函館北斗~函館~道南いさりび鉄道で木古内というルートも可能です。
DSC04798_320
はこだてライナー
DSC04901_320
道南いさりび鉄道、地域情報発信列車「ながまれ号」

DSC04659_320
函館市電では北海道新幹線の開業を記念して無料電車が運行された。

DSC04808_320
ブルーインパルスの展示飛行も行われた

動画

準備が進む、北海道新幹線

3月26日、北海道新幹線が新青森~新函館北斗間で開業します。
DSC04656_320
新函館北斗駅に停車中のH5系

DSC08331

途中の駅は、奥津軽いまべつ、木古内です。北海道新幹線開業後は、東北新幹線(東京~新青森)へ直通運転を行い、東京~新函館北斗間を最短4時間2分、仙台~新函館北斗間は最短2時間30分で結ばれます。
また、新函館北斗~函館間は、新幹線に接続する「はこだてライナー」が運行され、最短下り19分、上り15分で結ばれるようになります。
DSC01017
DSC00934

DSC00978
函館と新函館北斗を結ぶ「はこだてライナー」快速と普通列車がある。

動画

1月28日報道関係者向けの試乗会が行われ、2月13・14日には、一般向けに開催され、募集定員を超える多数の応募の中から抽選で当選した、合計約3,000名がこの両日に乗車しました。
DSC04968
新函館北斗駅

DSC04462
DSC04954
北斗市パネル展

DSC04487
受付のあるコンコース

DSC04495
新幹線ホームへの入口

DSC04533
DSC04528
ホームドアに掲示してある編成案内

北海道新幹線H5系は、東北新幹線を走るE5系と同じ「常盤グリーン」に、ボディ下部は、気品のある「飛雲ホワイト」を使用、そして中央の帯には、H5系のオリジナルのライラック、ルピナス、ラベンダーの想起させる「彩香パープル」を配置しています。
DSC09267_320
H5系

また、1~7の奇数号車と10号車の車体側面には、「シロハヤブサ」をモチーフしたシンボルマークが掲出してあります。
DSC04521
車内に入ると、1~8号車までは普通車で2列+3列のシートが並び各席に電源コンセントが備え付けられています。
DSC04635
DSC04663
また、床下は、北海道らしく雪印模様になっています。
9号車がグリーン車、10号車はグランクラスとなっています。
DSC04550
グランクラスについては、前日の1月27日に車内サービス内容の発表があり、東北・北海道新幹線の沿線をイメージした「オリジナル」なサービスを提供、和軽食、洋軽食は、東北・北海道新幹線の沿線各地域をイメージしたメニューとするとともに季節感を演出した内容となり、特に、和軽食は東京発と新函館北斗発でメニューが異なります。また、ドリンクサービス(日本酒やスパークリングアルコール等)、茶菓子、おつまみも沿線ゆかりのものが提供されます。
DSC04281
車内サービス内容の発表の様子
DSC04245
グランクラスシート
DSC04381
専任アテンダント
DSC04260
グランクラスでのサービス内容
DSC04423
和軽食

新函館北斗を発車すると、A席側に北海道新幹線の基地、函館総合車両基地が見えてきて、
DSC04810
函館総合車両基地

DSC04711
DSC04721
車窓からの函館山

E席側には、しばらく、函館のシンボル函館山が見えてきます。カーブを曲がると函館山がA席側の車窓へ移り、上磯付近のセメント工場が見えてしばらくすると高い壁になり、6本のトンネルを抜けると木古内に到着します。最高速度は260キロですが、この日は雪のため210キロまでの運転でした。所要時間は13分、あっという間の旅でした。
DSC04807
DSC04794_320
木古内に到着したH5系
DSC04823
DSC04833
キーコ駅長

DSC06034
木古内駅
DSC06107

DSC06041
駅前には道の駅がオープンした

2月13日の一般向け試乗会の様子
撮影協力:増井 慎吾
DSC_5120
受付会場
DSC_5125
受付へ向かう試乗参加者
DSC_5145
これから乗る北海道新幹線H5系を撮影

DSC_5118DSC_5186
DSC_5190
新函館北斗駅では、記念撮影、体験、グッズ販売などのイベントが行われた

安全面では、異常時での訓練を実施していて、2月26日は、新青森発の訓練列車が、青函トンネルに入り、竜飛定点を過ぎて火災報知装置が動作し、北海道側の吉岡定点に停止したことを想定し訓練が行われ、乗客を吉岡定点の避難所へ誘導、新青森より救援列車が、「RS-ATC」を使用し、逆線運転により吉岡定点に向かい、乗客を乗せて新函館北斗へ向かいました。
DSC07843
避難誘導をする車掌
DSC07874
吉岡定点
DSC07889
DSC07895
避難所へ向かう乗客
DSC07919
DSC08067

DSC08027
避難所にて説明をする現地責任者

DSC08076
救援列車への誘導をする現地責任者

DSC08095
通路内では係員が誘導をしている

DSC08099

DSC08132
吉岡定点に逆線運転で到着する救援列車

DSC08154
乗客を救援列車へ誘導
訓練には120名が参加し、JR北海道の西野副社長から講評があり、その中で「新幹線が開通しても課題がゼロになることはない、安全の取り組みにゴールはないので、常に一つずつ課題を洗い出しながら安全の確率を少しでも上げていくという取り組みを行って参りたい。」と述べました。
DSC08275
閉会式

開業一ヶ月前の2月26日より指定券の発売が開始されました。北海道新幹線は開業へ向けての準備が着々と進んでいます。  DSC05043
DSC04921

 

「北海道新幹線」アクセス用列車「はこだてライナー」

2016年3月26日に北海道新幹線の新青森~新函館北斗間が開業します。
またこの開業より、終点の新函館北斗~函館間を結ぶ新幹線アクセス用列車「はこだてライナー」が登場します。
DSC01292
DSC01137
沿線の各駅では北海道新幹線開業をPRしている。
DSC01242
開業を待つ北海道新幹線

DSC01031
DSC01005
新函館北斗~函館間に運行される「はこだてライナー」

車両のデザインコンセプトは、外観は「新幹線と連携・一体感」と「北海道らしさ」をイメージし、
北海道新幹線車両(H5系)と同様のパープルをメインカラーに、北海道の新緑のイメージで
JR北海道のコーポレートカラーでもあるライトグリーンの帯を纏っています。
ヘッドマークと側面のエンブレムには、地元沿線の函館山や五稜郭を連想させるデザインが施されています。
DSC00924
ヘッドマーク

DSC00847
車体側面のエンブレム

DSC00963

車内は、「北海道の豊かな自然」と「函館の異国情緒」をイメージし、シートは北海道の広大な 草原風景のグリーン系とし、乗降ドア付近はパーティションに北海道の自然を感じる木目を ドア部分には、函館のレンガ倉庫や修道院を連想させてるレンガ色となっています。

DSC07821
DSC07832
北海道の広大な草原風景をイメージしたロングシート

DSC07836
函館のレンガ倉庫や修道院を連想させるレンガ色のドア

また、1月24日日曜日には、「はこだてライナー」に一足先に観ることが出来る
「はこだてライナー」車両公開が、JR函館駅4番ホーム(11時から13時)で行われます。ホームにて外観や車内の見学が出来ます。また来場者には車両公開記念証のプレゼントがあります。
見学には、入場券、または乗車券が必要です。