東京メトロ車両基地の日常業務公開


東京メトロ東西線の深川車両基地での日常業務が報道関係者に公開された。敷地は東京ドーム約2個分・300両が収容できる。基地内では車両洗浄や検査、広告張替作業などが日々行われ、安全で快適な車両を常に維持している。


東西線の安全運行に欠かせない、深川車両基地は東京都江東区塩浜にあり、敷地面積が86,860㎡(東京ドーム約2個分)あり、300両の車両が収容できる。
基地内のは3つの組織があり、深川車両管理所は東西線の検修計画や工程管理、検修に係る物品管理を行っている。また、深川工場では、車両を分解し、部品ごとに検査・修繕を行っている。車の車検にあたる全般検査、重要検査臨時検査を担当している。深川検車区では、在姿での検査・修繕を担当、月検査、列車検査、入出庫検査、車両清掃などを行っている。

深川検車区
清掃作業

洗浄線に洗浄車両が入線

外観はパッド、ブラシ、ホースなどを用いて清掃が行われる。

 
車内は、掃除機や布などで清掃される。

深川検車区のピットは、新ピットが2017年5月に竣工、空調が完備され作業環境改善が図られている。


車体と台車の切り分けをする装置


制輪子・車輪にあてるブレーキで月検査ではかなりの数を交換する

床下の機器を検査して行く

中吊り広告張替え作業

深川工場
座席シートを洗浄するため、座席シートを車両から取り外す


取り外した座席シートは冶具を用いて洗浄される 下2点画像(東京メトロ 提供)

車体と台車を切り分ける台抜き作業

車両を1両ごとに切り離す

台抜き作業

車体と台車が切り分けられた

車体から床下機器取り外し

台車から主電動機の取り外し

取り外された機器は、検査など保守作業が行われる

深川車両基地で働く人が入浴する風呂

多くの人の手によって安全運行・車内の清潔が保たれている

11月18日東武鉄道が「異常時総合訓練」を実施

2014年11月18日、東武鉄道では、久喜市にある南栗橋車両管区において
「異常時総合訓練」実施されました。
この訓練は、踏切事故やテロなどによる重大事故が発生した場合における併発事故の
防止や、 負傷者の救出・救護、乗客の避難誘導、事故復旧体制の確立など異常時に
おける知識・技能 の向上を目的に、1965年から毎年実施しています。
この日は、列車が踏切において乗用車と接触して脱線、乗客に負傷者が発生したことを
想定 した訓練で、各現業職場、東武グループ関係各社、協力会社を中心に約200名
が参加、地元の埼玉県東部消防組合消防局、埼玉県レッカー事業協同組合も参加し実施されました。
DSC02520
開会宣言及び訓練概要説明が行われました。

DSC02565
各現地対策本部
踏切障害事故発生時の処置訓練(併発防止)
DSC02538
運転士が、「乗用車発見」「TEスイッチ操作」と呼称
TEスイッチは、「列車緊急防護スイッチ」といい、ボタン一つの操作で
防護情報の発信、非常ブレーキ操作、パンタグラフ降下が同時に行われる装置です。

消防・警察と合同による負傷者の救護および避難誘導訓練
DSC02603
消防到着

DSC02642
乗客負傷者の救護

DSC02703
ロングシートを使用しての乗客の誘導

DSC02627
DSC02651
乗用車負傷者の救護

対策本部の指揮による事故復旧訓練
DSC02759
踏切の復旧

DSC02794
DSC02844
DSC02947
脱線車両の復旧

DSC02892
線路、枕木の復旧

救援列車運転による異車種併結訓練
DSC02985
救援列車到着

DSC03014
事故列車を南栗橋へ移動

の順に実施されました。
他にも様々な訓練が実施されていました。

動画もご覧ください。