開業1周年を迎えた北陸新幹線 北陸の取り組み

3月14日に北陸新幹線が開業し1年目を迎えた北陸3県(富山県、石川県、福井県)を首都圏でPRするイベントが、北陸の経済発展、企業誘致と観光振興に取り組んでいる、北陸経済連合会により開催されました。
P1030632
2月1日は、都内のホテルにて、毎年恒例の「北陸フォーラム2016」開催、商品ジャーナリストの北村 森氏による講座では「北陸の魅力と可能性」をテーマに、北陸の魅力が紹介されました。
P1030634
北村 森氏による北陸ミニ講座「北陸の魅力と可能性」

また、講演では、コマツ相談役の坂根 正弘氏による「ダントツの強みを磨け 地方創生と企業の役割」の演題ので講話があり、北陸3県の海の幸や名物が振舞われました。
P1030647
コマツ相談役の坂根 正弘氏による講演

P1030641
P1030642
北陸を紹介するパネル展示

P1030654
挨拶をする北陸経済連合会 久和会長

P1030672 P1030648 P1030650
北陸の名物料理が並んだ

P1030671 P1030679 P1030685 P1030686
北陸の魅力を紹介するステージイベントが行われた

2月27日には、江ノ電の鎌倉駅で北陸フェアを開催、電車を貸切、「北陸うまいもの号」を運転、たくさんの応募の中から当選した招待客を乗せて、鎌倉・藤沢間を往復しました。

鎌倉駅では、北陸フェアが開催された
DSC08818 DSC08822 DSC08827 DSC08829 DSC08841DSC08857 DSC08847
コンコースにはPRブースが設けられた
DSC08918
「北陸うまいもの号」出発前のセレモニー

DSC08934
「北陸うまいもの号」
DSC08969
作家の神津カンナさんによる乾杯
DSC08959
DSC08983
DSC08980
車内では、楽しいイベントが行われた

車内には、北陸の日本酒や北陸の名産、ますずし、鯖棒ずし、かまぼこ、しにん昆布巻、小鯛の笹漬け、へしこなどがテーブルに置かれ、北陸3県の魅力の紹介やクイズ大会などが行われ、往復1時間10分ほどの旅を楽しみました。
翌日28日は、鎌倉駅で伝統工芸体験(五箇山和紙、若狭塗箸、金箔)が開催されました。
DSC09018
DSC09017
翌日は、車内で伝統工芸体験を開催
DSC09102
DSC09154
五箇山和紙

DSC09138  DSC09197 DSC09203
若狭塗箸

DSC09204 DSC09213

DSC09187
金箔

また、鎌倉・藤沢・横浜から福井・小松・金沢へのる夜行高速バスが、江ノ電バスと北陸鉄道の共同運行されています。3列独立シートなのでゆったりしています。

北陸新幹線が開業して便利になった北陸に足を運んではいかがでしょうか?

高岡の観光列車

昨年、北陸新幹線が開業した高岡には、国宝・瑞龍寺や前田利長墓所、高岡城跡(高岡古城公園)、高岡御車山、山町筋重要伝統的建造物群保存地区、菅野家住宅、金屋町重要伝統的建造物群保存地区、銅造阿弥陀如来坐像(高岡大仏)など歴史的価値のある、有形・無形文化財があり、文化庁が創設した第1弾日本遺産に高岡市の「加賀前田家ゆかりの町民文化が花咲くまち高岡―人、技、心―」が認定されています。
#113104201_320
国宝・瑞龍寺

#113835763_320
金屋町重要伝統的建造物群保存地区

その高岡駅を起点とする、城端線(高岡~城端)・氷見線(高岡~氷見)に、観光列車「ベル・モンターニュ・エ・メール」(愛称:べるもんた)が運行されています。
DSC09578_320
観光列車「ベル・モンターニュ・エ・メール」(愛称:べるもんた)

DSC09202_320
DSC09132_320
DSC09209_320
列車と一緒に記念撮影も出来る

列車名は、山の城端線・海の氷見線の特徴である「美しい山と海」をフランス語で表現しています。また、個性的な名称を親しみを持って呼んもらうため、愛称名を「べるもんた」としています。
ロゴデザインは、ゴールドの枠は窓枠を表し、車窓から見える山と海をシンボリックに描いてあります。また、 「Belles montagnes et mer」の文字で、城端線・氷見線を結ぶレールと、旅で訪れた土地と旅人の心をつなぐ架け橋をイメージしています。
DSC09126_320
ロゴデザイン

この車両コンセプトは、「走るギャラリー」で、窓枠を額縁に見立て、山の城端線・海の氷見線の一番の魅力である変化に富んだ美しい自然の車窓を一枚の絵画のように望むことが出来ます。また、車内の随所に、沿線の伝統工芸品である「高岡銅器」や「井波彫刻」をイメージした装飾がなされています。
DSC09326_320
DSC09331
額縁風にデザインされた窓枠は、最大幅2.52メートルある

DSC09304
つり革の持ち手は、高岡銅器をイメージする銅箔、持ち手の上には、
城端・氷見線沿線4市を代表する図柄が装飾されている

DSC09228_320
富山県南砺市の伝統工芸品「井波彫刻」が8作品展示

DSC09298_320
砺波市の伝統工芸品が展示してある

DSC09080_320

DSC09266_320
額縁に見立てた窓枠から望んだ雨晴海岸

DSC07686_320

#115428670_320
雨晴岩

車内では、「天然の生け簀」と称される富山湾で揚がる鮮度抜群の地魚と富山県産米を使った「富山湾鮨」を車内で鮨職人が握る、「ぷち富山湾鮨セット」(提供列車限定・事前予約制で3日前まで販売、購入はVISIT富山県へ)や城端線・氷見線沿線の造り酒屋で醸された地酒とおつまみのセット、「ほろ酔いセット」(予約不要・数量限定)が味わえます。

DSC09283_320
車内で鮨職人が握る「富山湾鮨」が味わえる

DSC09275_320
車内では、「高岡ラムネ」や「ほたるいか素干し」、「ゆずみそ」、「白えび紀行(柿山)」などの特産品が購入出来る

また、観光ボランティアガイドの方が同乗し沿線の説明をしてくれます。
DSC09252_320
観光ボランティアの方による沿線説明

運転日・運転時刻
2016年2月28日(日曜日)の土曜日・日曜日 全車指定席
3月以降のについては、JR西日本のホームページにて発表
土曜日:城端線・氷見線(新高岡・高岡~氷見駅間) 1日2往復(最終は、氷見発高岡行)
停車駅:新高岡・高岡・伏木・雨晴・氷見

日曜日:運転区間:城端線(高岡~城端駅間) 1日2往復
停車駅:高岡・新高岡・砺波・福野・福光・城端

高岡には、他にも観光列車があります。
万葉線(高岡駅~越ノ潟)
高岡市出身の漫画家藤子・F・不二雄さんの代表作「ドラえもん」は、2112年9月3日の誕生、「誕生100年前」を記念して、2012年9月、万葉線に「ドラえもんトラム」が誕生しました。
車内外に、ドラえもんのキャラクターデザインされ、海外からも乗りに来るとても人気のあるトラムです。
DSC08539_320 #1623113888_320
夏に行われる「高岡七夕まつり」七夕と一緒に万葉線が撮れる

氷見線(高岡~氷見)・城端線(高岡~城端)
氷見市出身の漫画家藤子不二雄Aさんにちなんだ、忍者ハットリ列車があります。
氷見線と城端線で運行され、氷見線では、忍者ハットリくんの声による沿線の案内放送があります。
DSC09542_320

万葉線(高岡駅~越ノ潟)
万葉線の土日祝日には、射水市新港生まれの落語家 立川志の輔さんによる車内放送が、全25駅で流れます。ドラえもんトラムでは流れません。
DSC09012_320

動画

歴史的文化財と観光列車を乗りに高岡を訪れてはいかがでしょう?

 

北陸新幹線試験走行列車歓迎セレモニー各駅で開催 Held in Hokuriku Shinkansen train test run welcome ceremony each station

12月2日より、平成27年春開業予定の北陸新幹線の長野から金沢間のうち長野から黒部宇奈月温泉間でJR東日本の電気・軌道総合試験車両「イーストアイ」を使用して、試験走行がおこなわれました。
初日は、この初走行を記念して、各駅で歓迎セレモニーが開催されました。
各駅の模様を写真で紹介します。

From December 2, using electrical and track comprehensive test vehicle of JR East to “East eye” Kurobe Unazuki hot spring between Nagano from out of Kanazawa between Nagano from the Hokuriku Shinkansen of spring scheduled to open in 2015, it carried out the test run was.
On the first day, to commemorate the first run, welcome ceremony was held at each station.
I’ll photograph the pattern of each station.

飯山駅(IYAMA)
飯山
長野県出身の高野辰之氏が作詞した「故郷」の演奏手旗で歓迎をうけながら
到着する「イーストアイ」

飯山
来賓者によるくす玉開披

飯山
ゆるきゃら
長野県観光PR「アルクマ」(左)
ナスキー「とが坊」
野沢温泉「ナスキー」

歓迎手旗
IMG_5150 IMG_5149

上越妙高駅(JOUETSUMYOKO)

上越妙高
上越妙高
「天地人」のテーマ曲での演奏や大和倶楽部や一般参加者、また越後柏崎のPRキャラクター「えちゴン」による手旗での歓迎を受ける試験列車

上越妙高
鉄道・運輸機構局長へ花束贈呈

IMG_4898
上越妙高駅開業時で飾るフラッグに、メッセージを書き入れる参加者

上越妙高
建設中の在来線ホーム
北陸新幹線開業と同時に、JR信越本線の妙高高原駅~直江津駅間が、JR東日本から
えちごトキめき鉄道株式会社に経営が引き継がれます。

歓迎手旗
IMG_5148 IMG_5147

糸魚川駅(ITOIGAWA)
糸魚川
会場で主催者からの挨拶がおこなわれました。

糸魚川
記念のハンカチ

糸魚川
イーストアイ到着と同時に、くす玉開披

糸魚川
新幹線ホームから海側の風景

親不知
初日のイーストアイと特急「はくたか」

黒部宇奈月温泉駅(KUROBEUNADUKIONSEN)
黒部宇奈月温泉
黒部宇奈月温泉に到着するイーストアイ

黒部宇奈月温泉黒部宇奈月温泉
歓迎式の様子は、富山県知事政策局広報課様より提供を戴きました。

駅前広場で、新幹線開業くろべ市民会議によるイベントもおこなわれてました。
JR西日本、黒部峡谷鉄道、あいの風とやま鉄道、富山地方鉄道のブースなど
いろいろなブースがありました。

黒部宇奈月温泉
イーストアイの小さい画像は小生のものを提供させて頂きました。
黒部宇奈月温泉
また、キャラクター「ぶりと君」の動画も協力させて頂きました。

こちらは、バージョンアップをしていく予定ですのでお楽しみに!

走行試験は来年の3月まで実施され、30キロから260キロまでの速度で段階的におこなわれます。