富士山プラスでめぐる山梨ファムトリップ(後編)

2日目は、華やぎの章 慶山を出発し、市川三郷町で大塚人参の農業体験を行い、南アルプス完熟農園で昼食、韮崎大村美術館を見学、甲府市内を散策し、甲州夢小路を見学しました。
DSC06667_320DSC06672_320
市川三郷町大塚地域での大塚人参の収穫体験
土質は「のっぷい」と呼ばれきめ細かく、栄養分や水分が他の土より多い、11月から12月に出荷される。

DSC06690_320
同じ大塚地域にある、みたまの湯「のっぷいの館」、丘の上の温泉で甲府盆地が眺められる。
DSC06687_320
みたまの湯と一緒に農産物直売所がある
DSC06686_320 DSC06683_320
駐車場からの眺め、身延線が見える。

DSC06692_320
南アルプス完熟農園、中部横断自動車道の南アルプスICの正面にある。
DSC06700_320
マルシェ(産直ショップ)では、野菜やフルーツ、完熟農園オリジナルブランドなどが販売されている。
DSC06723_320
また、地元のお惣菜の販売もしている。
DSC06750_320 DSC06752_320
完熟農園レストランは、スローフードのビッフエで農園風景を楽しみながら食事が楽しめる。

DSC06755_320 DSC06756_320
韮崎大村美術館
2015年にノーベル医学・生理学賞を受賞した、大村 智博士が、2008年に韮崎市に寄付をした、絵画や陶磁器なその美術品が展示されています。
DSC06759_320
展望台カフェからの風景
DSC06765_320
近くには、温泉やそば処がある。

DSC06812_320
甲府市内にある印伝博物館
印伝は、古くから甲州で伝えられた革工芸である。
DSC06806_320
漆付け、型紙を置き漆を刷り込む道具。
DSC06802_320
燻べ、鹿革をこの筒に貼り藁を焚いていぶす道具。
DSC06799_320
一階にあるショップ

DSC06814_320
DSC06854_320
甲府駅北口の近くにある甲州夢小路
DSC06829_320
昔懐かしい雰囲気のお店が並ぶ。
DSC06837_320
DSC06819_320
店内では、山梨の食材を使った料理やワイン・地酒が味わえ、甲州和紙の工芸品や宝飾品の買い物などが出来る。

DSC06855_320
時の鐘、かつて甲府城下にあった鐘楼を忠実に再現している。

ここで解散し帰路につきました。
今回もいろいろな発見がありました。

富士山プラスでめぐる山梨ファムトリップ(前編)

2015年12月3日から一泊行程で、首都圏の旅行エージェントを対象にしたツアー、「富士山プラスでめぐる山梨ファムトリップ」が開催されました。このツアーは、富士山と合わせて巡れる見学箇所を紹介するもので、1日目が東部・富士五湖エリア、2日目は南アルプスエコパークエリアでした。
1日目は、大月駅集合後、バスで都留市内を散策、河口湖にある「割烹七草」で昼食、ふじさんミュージアムを見学し、青木ヶ原樹海にある洞窟を体験、芦川、石和温泉にある華やぎの章 慶山に宿泊をしました。
DSC06385_320
JR大月駅

DSC06382_320
富士急大月駅には、富士の玄関口らしく鳥居がある。

DSC06393_320
DSC06395_320
都留市では、富士の湧き水を掛け流しで引き込んで水掛菜を栽培やヤマメの養殖をしている。

DSC06410_320 DSC06417_320
石頭山 長慶寺 昔から富士の湧水が湧き出ており、下暮地(西桂町)より薬師如来が流れ着いたという伝説がある。

DSC06437_320
昼食は、河口湖にある割烹 七草
DSC06455_320 DSC06463_320
富士山麓三産のマスを炊き込みご飯にした、名物の「富士まぶし」。

DSC06476_320
富士吉田市にある「ふじさんミュージアム」
 DSC06481_320
DSC06548_320
富士登山の今昔や富士山信仰の起源や変遷、昔ばなしや富士吉田の歴史などについての展示がある。
DSC06519_320
 縮尺1/2,000の富士山のプロジェクションマッピング

DSC06562_320
道の駅「なるさわ」から見る富士山

DSC06574_320
ネイチャーガイドウォーク
DSC06580_320
DSC06588_320
青木ヶ原樹海の洞窟を散策した。

DSC06652_320
華やぎの章 慶山では、地元事業者と旅行エージェントとのマッチング会が開催された。
2日目に続く

富士急ハイランド「リサとガスパールタウン」オープン Fujikyu Highland “Lisa and gas pearl town” opening

2013年7月27日、富士急ハイランドに、世界初「リサとガスパール」のテーマパークがオープンしました。
日本でも人気のある、「リサとガスパール」の絵本の舞台となるパリの街並みを再現し、実物を
忠実に再現した25分の1サイズのエッフェル塔や焼きたてパンやガレットの楽しめるカフェやクレープ屋さんや雑貨やキャラクターグッズを扱う楽しいお店が軒を連ねています。

IMG_2163_R
ショップの並ぶパーク内

IMG_2265_R
エッフェル塔をバックに、作者のアン・グットマン氏ゲオルグ・ハレンスレーベン氏とリサとガスパール

パリカートに乗るとリサとガスパールの案内で絵本の世界が楽しめます。
IMG_2174_R IMG_2165_R

「リサとガスパール」のテーマパークは、富士急ハイランド入園口にあり、入場無料ですのでどなたでも楽しめます。

また、隣接する「ハイランドリゾートホテル&スパ」には、「リサ」と「ガスパール」のおうちをテーマに
にした客室が2室、またレストランもあり、家族で楽しめます。
IMG_2206_R IMG_2209_R
客室

IMG_2138_R IMG_2141_R
レストラン

富士山観光と一緒に立ち寄ってはいかがでしょうか。

On July 27, 2013, the world’s first “Lisa and Gaspard” theme park opened in Fujikyu Highland.
The rows of houses of Paris used as the stage of the picture-book of “Lisa and Gaspard” which is popular also in Japan are reproduced, and it is thing.
The pleasant store treating the cafe which can enjoy the Eiffel Tower of 1/25 size and the fresh baked bread which were reproduced faithfully, and a gullet, the crepe store, miscellaneous goods, or character goods has stood side by side.
If it rides on Paris Cart, the world of a picture-book can be enjoyed by guidance of Lisa and Gaspard.
The theme park of “Lisa and Gaspard” is in the Fujikyu Highland entrance mouth, and since it is no charge for admission, anyone can enjoy it.
moreover — adjoining “Highland resort hotel & spa” — the theme [ inside ] of “Lisa” and “Gaspard”
Two rooms and a restaurant also have the guest room boiled and carried out, and he can enjoy himself with a family.
How about dropping in together with the Mt. Fuji sightseeing?