西武秩父駅前温泉「祭の湯」オープン


4月19日に「西武秩父駅前温泉 祭の湯 内覧会」が開催された。

挨拶をする西武レクリエーション 布留川社長

「祭の湯音頭」のポイントを説明する、パパイヤ鈴木さん・祭の湯ガールズ ジャスミンさん

4月24日、西武秩父線の西武秩父駅前に「西武秩父駅前温泉 祭の湯」がオープンしました。施設の内外には、ユネスコ無形文化遺産に登録された「秩父祭」をイメージしたつくりとなっています。施設内のメイン温泉は、うち風呂には、高濃度人口炭酸泉・シルク湯・ジェットバス・水風呂・サウナ・塩サウナがあり、露天風呂は、源泉が湧く岩風呂、花見湯、寝ころび湯、つぼ湯があります。また、男女両方の風呂から秩父の山「武甲山」がお風呂に浸かりながら眺めることが出来ます。






また、岩盤浴やマッサージをするほぐし処も完備しています。くつろぎ処では、リクライングチェアが並び、金・土・祝日などは仮眠をとり、早朝から山登りを楽しむ事も出来ます。

マッサージルーム



くつろぎ処

吞喰処 祭の宴 フードコートでは、席数が250席あり、たい焼き・たこ焼きが食べれる「おやつ本舗」・炙り豚味噌丼などがある「丼屋炙り」・秩父名物わらじカツ丼の「秩父わらじかつ亭」・くるみだれそばの「秩父そば・武蔵うどん」・普通の味噌ラーメンとは違う「秩父味噌拉麺」・ジェラートやメープルシュークリームなどデザートの「セタリア」・秩父名物焼肉ホルモンのほうりゃい苑があり、秩父のおいしい食材が食べれます。



物販エリアは無料で入場出来、ちちぶみやげ市では、秩父の特産品や銘菓が、まつり茶屋では、ソフトクリームやコロッケ、秩父美人屋台では秩父銘仙服飾雑貨、お風呂雑貨などがあり、酒匠屋台では、地元の日本酒やワイン、ウィスキーにおつまみなどが楽しめます。また、西武秩父駅の利用に便利な売店もあります。

温泉利用料金は、平日が大人980円・土休日特定日が大人1080円
詳しくはホームページをご覧ください。
写真は「西武秩父駅前温泉 祭の湯 内覧会」にて撮影

また、5月7日まで羊山公園の芝桜の丘で「2017年 芝桜まつり」が開催されています。入園料は大人300円です。


秩父の特産市も開催している。こちらの5月7日まで開催

見晴らしの丘からは秩父の街が見下せる

西武秩父へは

池袋からレッドアロー

元町・中華街から直通のS-TRAIN

食事を楽しみながら移動を楽しむ52席の至福
など便利な電車があります。

 

西武グループ「健康・エコハイキングと植樹祭」飯能・西武の森

4月22日、埼玉県飯能市にある飯能・西武の森「笹山」で西武グループ社員・家族向けのイベント、第11回健康・エコハイキングと植樹祭が、開催されました。参加者は、飯能駅をスタートし、能仁寺山門前、天覧山麓を歩き、飯能・西武の森に到着。約5キロの道のりを歩きました。参加者全員が到着後、後藤会長の挨拶があり、その中で健康・エコハイキングの最初の頃の話しがあり、一番最初は高麗川の川原のゴミ拾いで、ゴミを拾いながらハイキングをしようの趣旨で始めたとの事でした。また、ここ「飯能・西武の森」が今年、公益財団法人都市緑化機構の社会・環境貢献緑地評価システムであるSEGES(シージェス)で鉄道業界初、埼玉県初の5段階評価の最高位を獲得した話しがあり、地元の飯能市や埼玉県のボランティア活動に従事されている方、西武グループ特に西武造園の皆さんの努力の成果である。最高位は一回取れば良いとものではなくて継続的に努力を行なっていく、そうしないとランクダウンしてしまうことになるので、これからも西武グループとしてシージェスに積極的に参加して、5段階評価を最高位をキープして、この素晴らしい森をさらに緑化して、地元の皆さんや西武グループの社員にも喜んで頂けるような地域貢献活動に従事していきたいと話していました。

挨拶をする後藤会長

植樹祭では、後藤会長をはじめ、山桜とエノキ、各50本を西武グループの社員と家族が植樹しました。

後藤会長による植樹

社員、家族による植樹

飯能・西武の森は一般の方でも入ることが出来ると場所で狭山丘陵や飯能周辺の街並み、そして武蔵丘車両基地付近を走る電車が眺められます。
最寄駅は西武池袋線の飯能駅から徒歩となります。



花が咲くのが楽しみ


タイミングが良ければ52席の至福もみられる

TWILIGHT EXPRESS 瑞風

2月23日JR西日本のグルーズトレイン TWILIGHT EXPRESS 瑞風がお披露目されました。最上級のザ・スイートはリビング・ダイニング・寝室・バスタブ付バスルームなどがあり、ロイヤルツイン・シングルは、夜はベッドになるリビングがあり、全室トイレ、シャワー付です。部屋のドアを開放すると左右の眺望が広がり、食堂車、ラウンジカー、展望車も連結されています。6月17日運行開始です。


除幕ボタンを押す来島社長と関係者、TWILIGHT EXPRESS 瑞風が登場した。

最上級のザ・スイート

ロイヤルツイン



食堂車

ラウンジカー

展望車

北陸うまいもの号運転

2月25日今年も北陸経済連合会と江ノ島電鉄の共同企画による「北陸うまいもの号」が運転され、車内では北陸のPRイベントが開催されました。翌日は鎌倉駅に留置した電車の車内で北陸3県の伝統工芸体験が行われ乗客が足を止めて体験をしていました。

ウイラーエクスプレスの新型シート

高速バスのウイラーエクスプレスに座席を倒してもお互い気を遣わず、車内で上質の睡眠環境を提供する新型シート「ReBorn」が登場しました。シートがシェル型のパーテーションになっています。東京~名古屋・大阪方面で運行しています。

車高が高いスーパーハイデッカー車輌を使用し車内の騒音を軽減


新型シート「ReBorn」

フットレストとレッグレストの連結で足が伸ばせ、後ろの人に気を遣わずフルリクライニング することができる

西武鉄道40000系S-TRAIN

3月25日から平日は所沢~豊洲間、休日は西武秩父・飯能~元町・中華街間に有料座席指定列車S-TRAINが登場しました。車両は40000系で座席は転換クロスシートでトイレ付です。車いすやベビーカー利用でも快適に利用できるパートナーゾーンが設けられています。またこの車両は、ロングシートに変身し一般列車としても走っています。

西武鉄道40000系
パートナーゾーンがある窓は大きくなっている

3月25日元町・中華街での出発式

パートナーゾーン

ロングシート時


クロスシート時

東京メトロ銀座線た特別仕様車両

東京メトロ銀座線
銀座線に開通当時の旧1000形車両をイメージした特別仕様車両が運行中です。前照灯は一灯で車内は木目調で真鍮の手すりとレトロ感があり、昔懐かしいポイント通過時などに灯りが消え予備等が点くシーンも再現も可能で地下鉄開通90周年のイベントなどで使用される予定です。



通常時

予備等再現時

東武鉄道新型特急リバティ

4月21日ダイヤ改正より新型特急リバティが運行開始しました。併結・分割が可能な車両で、浅草から東武日光・鬼怒川温泉方面、さらには相互直通運転をしている会津鉄道の会津田島まで運転することで、下今市等での乗換えが解消がされました。さらに通勤時間帯に東武スカイツリーライン・東武アーバンパークラインを運転する「スカイツリーライナー」、「アーバンパークライナー」が誕生しました。

浅草での出発式「リバティけごん1号・リバティ会津101号」根津社長、浅草駅長、台東区長、墨田区長、日光観光大使、浅草おかみさん会会長によるテープカット

浅草駅長による出発合図


新型特急車両「リバティ」併結・分割を生かしフレキシブルな運行を可能に


車内は川の流れ、通路や座席には江戸文化が感じられる

地元も知らない見どころ習志野市実籾

京成本線に実籾駅があります。駅の南側には徳川家康が鷹狩で通った東金御成街道があり、また、徳川家から贈呈された箪笥が残る旧鴇田家住宅など歴史的な旧家があり、北側には、かつて陸軍の演習場があり、トーチカや旧陸軍演習場内壁があり、住宅街ににも隠れた遺構があります。

京成電鉄 実籾駅


放牧場があり馬が逃げ出さないように作られた「野馬除けの土手」


昭和天皇が訪れた「飯生治朗衛門家」、旧実籾村最古の百姓「桜井孫右衛門家」などがある


旧鴇田家住宅には、徳川家から贈呈されたタンスが残る


ご当地グルメ「習志野ソーセージ」


すし屋の芳亀は地元の人気和食店


八幡稲荷神社



民家の庭には演習で使われた遺構が残る


鉄道連隊の演習線跡はハミングロードとなっている