富士山プラスでめぐる山梨ファムトリップ(後編)

2日目は、華やぎの章 慶山を出発し、市川三郷町で大塚人参の農業体験を行い、南アルプス完熟農園で昼食、韮崎大村美術館を見学、甲府市内を散策し、甲州夢小路を見学しました。
DSC06667_320DSC06672_320
市川三郷町大塚地域での大塚人参の収穫体験
土質は「のっぷい」と呼ばれきめ細かく、栄養分や水分が他の土より多い、11月から12月に出荷される。

DSC06690_320
同じ大塚地域にある、みたまの湯「のっぷいの館」、丘の上の温泉で甲府盆地が眺められる。
DSC06687_320
みたまの湯と一緒に農産物直売所がある
DSC06686_320 DSC06683_320
駐車場からの眺め、身延線が見える。

DSC06692_320
南アルプス完熟農園、中部横断自動車道の南アルプスICの正面にある。
DSC06700_320
マルシェ(産直ショップ)では、野菜やフルーツ、完熟農園オリジナルブランドなどが販売されている。
DSC06723_320
また、地元のお惣菜の販売もしている。
DSC06750_320 DSC06752_320
完熟農園レストランは、スローフードのビッフエで農園風景を楽しみながら食事が楽しめる。

DSC06755_320 DSC06756_320
韮崎大村美術館
2015年にノーベル医学・生理学賞を受賞した、大村 智博士が、2008年に韮崎市に寄付をした、絵画や陶磁器なその美術品が展示されています。
DSC06759_320
展望台カフェからの風景
DSC06765_320
近くには、温泉やそば処がある。

DSC06812_320
甲府市内にある印伝博物館
印伝は、古くから甲州で伝えられた革工芸である。
DSC06806_320
漆付け、型紙を置き漆を刷り込む道具。
DSC06802_320
燻べ、鹿革をこの筒に貼り藁を焚いていぶす道具。
DSC06799_320
一階にあるショップ

DSC06814_320
DSC06854_320
甲府駅北口の近くにある甲州夢小路
DSC06829_320
昔懐かしい雰囲気のお店が並ぶ。
DSC06837_320
DSC06819_320
店内では、山梨の食材を使った料理やワイン・地酒が味わえ、甲州和紙の工芸品や宝飾品の買い物などが出来る。

DSC06855_320
時の鐘、かつて甲府城下にあった鐘楼を忠実に再現している。

ここで解散し帰路につきました。
今回もいろいろな発見がありました。

富士山プラスでめぐる山梨ファムトリップ(前編)

2015年12月3日から一泊行程で、首都圏の旅行エージェントを対象にしたツアー、「富士山プラスでめぐる山梨ファムトリップ」が開催されました。このツアーは、富士山と合わせて巡れる見学箇所を紹介するもので、1日目が東部・富士五湖エリア、2日目は南アルプスエコパークエリアでした。
1日目は、大月駅集合後、バスで都留市内を散策、河口湖にある「割烹七草」で昼食、ふじさんミュージアムを見学し、青木ヶ原樹海にある洞窟を体験、芦川、石和温泉にある華やぎの章 慶山に宿泊をしました。
DSC06385_320
JR大月駅

DSC06382_320
富士急大月駅には、富士の玄関口らしく鳥居がある。

DSC06393_320
DSC06395_320
都留市では、富士の湧き水を掛け流しで引き込んで水掛菜を栽培やヤマメの養殖をしている。

DSC06410_320 DSC06417_320
石頭山 長慶寺 昔から富士の湧水が湧き出ており、下暮地(西桂町)より薬師如来が流れ着いたという伝説がある。

DSC06437_320
昼食は、河口湖にある割烹 七草
DSC06455_320 DSC06463_320
富士山麓三産のマスを炊き込みご飯にした、名物の「富士まぶし」。

DSC06476_320
富士吉田市にある「ふじさんミュージアム」
 DSC06481_320
DSC06548_320
富士登山の今昔や富士山信仰の起源や変遷、昔ばなしや富士吉田の歴史などについての展示がある。
DSC06519_320
 縮尺1/2,000の富士山のプロジェクションマッピング

DSC06562_320
道の駅「なるさわ」から見る富士山

DSC06574_320
ネイチャーガイドウォーク
DSC06580_320
DSC06588_320
青木ヶ原樹海の洞窟を散策した。

DSC06652_320
華やぎの章 慶山では、地元事業者と旅行エージェントとのマッチング会が開催された。
2日目に続く

西武鉄道 ヱビスビール特急運行!

2015年8月25日に、西武新宿駅発の生ビール飲み放題のミステリートレイン「ヱビスビール特急」が運行されました。19時頃には、事前に参加チケットを購入した、参加者の人たちの列が出来ていました。
DSC06001_320
コンコースに並ぶ参加者

DSC06003_320
ホームへ移動する列

出発近くになりホームへ移動、初代レッドアロー号の塗装をした、レッドアロークラシックを使用した、「ヱビスビール特急」が入線してきました。
DSC06017_320
西武新宿駅に入線するヱビスビール特急

DSC06034_320
乗り込む参加者

DSC06125_320
4号車に設置されたビールサーバー

DSC06143_320
ワゴンで客席へ

DSC06254_320
ビールを配る、ヱビスガール

DSC06500_320DSC06509_320
おつまみは、掬水亭の料理
ヱビスビールに合う味になっていた。

デッキや車内もヱビスビール1色でした。発車して間もなく普段は特急も停車する高田馬場駅を通過、西武プリンスドームのヱビスガールの乾杯発声により一杯目がスタートしました。参加チケットは完売状態で、3、4人でのグループで予約した席は、予め席を向かい合わせにしてある配慮がなされています。
DSC06079_320 DSC06088_320
車内・デッキもヱビスビール

DSC06081_320
乾杯する参加者

列車は、鷺ノ宮駅や上石神井駅など停車をし、急行や特急などを先に通しながら進み、東伏見駅に停車、この駅も普段は特急が停車しない駅なので、鉄道ファンをはじめ参加者が記念撮影をしていました。
DSC06151_320
鷺ノ宮駅に停車中

DSC06204_320
東伏見駅にて

DSC06232_320
東伏見駅で各駅停車に・・・

東伏駅発車を発車してから間もなくして、ヱビスガールによるじゃんけんイベントが行われ、盛り上がり、勝ち残った人には、ヱビスビールや西武鉄道のグッズが手渡されました。
DSC06295_320
DSC06396_320
イベントでじゃんけんをする参加者

列車は普段は特急が走らない多摩湖線へ、行き先は西武遊園地駅でした。ここへの特急列車の入線はこの日が初めてで、多くの人が、駅で列車を記念撮影をしながら楽しんでいました。

DSC06495_320
西武遊園地駅に到着

DSC06462_320
ヱビスガール
西武プリンスドームで、ナンバー1、2の売り上げを上げている。

西武遊園地駅からは行きと同じコースを辿りながら東伏見駅、西武新宿駅へ戻りました。
ビールは、帰り途中ですべてなくなり、参加者の方々は、ヱビスビール特急の楽しいひと時を過ごしていました。

DSC06280_320

DSC06556_320
西武新宿駅に到着

また、西武鉄道では、11月6日金曜日と28日土曜日には、「ヱビスビール<缶>4種類飲み比べ放題 夜行特急ツアー」が開催されます。
夜行列車でビールを飲み比べながら、朝は、三峰神社の絶景の雲海を鑑賞してはいかがでしょうか?

当日の模様

ながでん運転体験宿泊ツアー

2015年8月22日から23日に、長野電鉄と須坂市観光協会が共同企画したツアー
「ながでん運転体験宿泊ツアー」がおこなわれました。
ながでん運転体験

参加者は、長野駅から2100系「スノーモンキー」(元JR東日本253系)に
乗車し、運転体験会場の須坂駅へ移動しました。須坂駅到着後、3600系
(元営団地下鉄日比谷線3000系)の車内にて、開校式、そして3500系
運転体験の説明がおこなわれ、参加者が運転席に座り、なかでんの職員が
運転のサポートをおこないながら、200mを2回運転しました。
ながでん運転体験
開校式の模様
ながでん運転体験
開校式後、運転体験の説明を受ける参加者

ながでん運転体験
3500系を運転する参加者

尚、3500系は2編成、3600系は3両編成でどちらも元営団地下鉄日比谷線
3000系を使用しています。特に3600系の中間車この1両のみが現役で活躍
しています。

また、別のところでは、乗務員体験(ドア開閉、車内放送、方向幕回し、乗車券改札など)や
車両基地見学(元小田急ロマンスカー10000形で現在は、「ゆけむり」
1000系の床下や運転台)もあり、普段は、触れたり見ることの出来ない
体験をしていました。
ながでん運転体験
車内放送の体験

ながでん運転体験
「ゆけむり」1000系

ながでん運転体験
「ゆけむり」の運転台を見学する参加者

ながでん運転体験
3600系に車内での昼食は、須坂名物「みそすき丼」や「コロッケ」、ドライフルーツ「湯っ蔵んどらい」。

午後は、小布施駅へ移動「ながでんの電車広場」腕木信号や保存されている、
2000系D編成を見学後、駅の事務室へ移動、駅長さんより小布施駅の説明を
受けた後、改札と集札の体験がおこなわれました。本当のお客さんの切符に
入鋏したり、回収をおこない、ここでも普段出来ない体験をしました。

ながでん運転体験
ながでんの電車広場

ながでん運転体験
小布施駅

ながでん運転体験
改札体験をする参加者

ながでん運転体験
集札体験


ながでん運転体験
制御盤の説明を受ける参加者
体験後、須坂駅へ戻り宿泊先の須坂温泉 古城荘へ夕食時には、長野電鉄
クイズ大会や貴重なDVD映像の鑑賞などのイベントが開催され大変に盛り上がりました。

ながでん運転体験
須坂温泉 古城荘

翌日は、長電の方のガイドにより、観光バスで移動、昨日のクイズの答えの
実物を見学したり、村山橋メモリアルパークを見学しながら、

ながでん運転体験
村山橋メモリアルパーク

ながでん運転体験
村山橋メモリアルパークで8500系を見送る参加者

2012年に 廃止になった、屋代線の信濃川田駅舎を見学、
展示されている2000系A編成や 3500系やモハ1000形を撮影したりしていました。
ながでん運転体験
旧信濃川田駅舎

その後は、鉄道模型の車両を4,000両保有している「トレンインギャラリーNAGANO」へ
鉄道ジオラマ館で鉄道模型の走行を楽しんだり、駐車場にある元東急電鉄の青ガエル、
元長野電鉄2500系を見学したりしていました。
その後、バスで古城荘へ戻り、昼食後解散となりました。

ながでん運転体験
トレンインギャラリーNAGANO鉄道ジオラマ館

ながでん運転体験
元長野電鉄2500系

長野電鉄には、東京近郊になじみのある車両が多く活躍しています。
また、11月14日も運転体験宿泊ツアーが予定されています。元日比谷線3500系を 運転体験に参加してはいかがでしょうか?
「ながでん秋の運転体験ツアー」11月14日から1泊
対象:小学校3年生~高校生まで
詳しくは、長野電鉄、須坂市観光協会のホームページをご覧ください。

ツアーの模様