小田急線新型ロマンスカー「GSE」が運行開始

3月17日新型ロマンスカーGSEが運行を開始した。当日は新宿駅でテープカットなどの式典が行われ、大勢の人に見送られ箱根湯本に向けて出発した。このGSEは新宿~箱根湯本間を中心に運行されている。

GSE出発式では、星野社長、デザインを担当した
岡部憲明氏らによるテープカットが行われた。

また、この日より新宿~御殿場間を結ぶ、特急「あさぎり」が「ふじさん」に愛称変更、さらに土休日には北千住~片瀬江ノ島間に「メトロえのしま」が運行を開始した。

 


特急「ふじさん」

創立120周年を迎えた京急電鉄

2月25日、京急電鉄の前身、1898年創立の大師電気鉄道から120周年を迎え、京急川崎駅にて特別車両「京急120周年の歩み号」の出発式典が行われた。原田社長の挨拶やテープカットが行われ、大師線沿線の園児を招待し京急川崎~小島新田駅間を1往復した。4両編成で外観は車両ごとに、歴代カラーのラッピングが施されている。また、車内には京急の歴史、沿線今昔物語、歴代の広告・きっぷ、豆知識を窓上や中吊りで紹介している。主に大師線を中心に来年2月24日まで運行している。

京急川崎駅での式典では、原田社長、福田川崎市長らによるテープカットが行われた。

西武鉄道三代目「L-Train」

埼玉西武ライオンズ球団創立40周年を記念した三代目「L-train」が運行中である。車両はチームカラーのレジェンド・ブルーにライオンズのロゴが施されて、車内の座席にもライオンズのロゴが施され、号車表示もボールの形がイメージしてある。新宿線・池袋線などで運行をしている。

1月26日西武球場前駅では出発式が行われ、西武ライオンズの居郷社長、西武鉄道の飯田本部長、源田選手らによるテープカットが行われた。

東京メトロ車両基地の日常業務公開


東京メトロ東西線の深川車両基地での日常業務が報道関係者に公開された。敷地は東京ドーム約2個分・300両が収容できる。基地内では車両洗浄や検査、広告張替作業などが日々行われ、安全で快適な車両を常に維持している。


東西線の安全運行に欠かせない、深川車両基地は東京都江東区塩浜にあり、敷地面積が86,860㎡(東京ドーム約2個分)あり、300両の車両が収容できる。
基地内のは3つの組織があり、深川車両管理所は東西線の検修計画や工程管理、検修に係る物品管理を行っている。また、深川工場では、車両を分解し、部品ごとに検査・修繕を行っている。車の車検にあたる全般検査、重要検査臨時検査を担当している。深川検車区では、在姿での検査・修繕を担当、月検査、列車検査、入出庫検査、車両清掃などを行っている。

深川検車区
清掃作業

洗浄線に洗浄車両が入線

外観はパッド、ブラシ、ホースなどを用いて清掃が行われる。

 
車内は、掃除機や布などで清掃される。

深川検車区のピットは、新ピットが2017年5月に竣工、空調が完備され作業環境改善が図られている。


車体と台車の切り分けをする装置


制輪子・車輪にあてるブレーキで月検査ではかなりの数を交換する

床下の機器を検査して行く

中吊り広告張替え作業

深川工場
座席シートを洗浄するため、座席シートを車両から取り外す


取り外した座席シートは冶具を用いて洗浄される 下2点画像(東京メトロ 提供)

車体と台車を切り分ける台抜き作業

車両を1両ごとに切り離す

台抜き作業

車体と台車が切り分けられた

車体から床下機器取り外し

台車から主電動機の取り外し

取り外された機器は、検査など保守作業が行われる

深川車両基地で働く人が入浴する風呂

多くの人の手によって安全運行・車内の清潔が保たれている

夜行列車で行く秩父絶景ツアー

2017年11月10日夜行列車で行く秩父絶景ツアーが行なわれた。以前にも紹介したが今回は渋谷からの乗車が可能となった。23:28夜行列車で西武秩父に向けて出発、そこからバスで三峯神社駐車場へ、星空観望会として、星空ソムリエによる説明、天体望遠鏡での観察などが行なわれた。その後、境内の雲海鑑賞スポットへ移動、秩父盆地にかかる雲海を鑑賞した。休憩した後、バスで西武秩父駅に到着解散となった。次回は2018年4月13日金曜日が池袋・所沢出発・4月27日金曜日が元町中華街・元住吉・渋谷・練馬・びばりヶ丘出発が予定されている。
詳細はこちらを参照
4/13出発
http://www.seibutravel.co.jp/category/chichibu_nagatoro/unkai.html
4/27出発
http://www.seibutravel.co.jp/category/chichibu_nagatoro/unkai2.html

西武鉄道40000系キッズデザイン賞受賞記念イベント電車運行

3月より有料座席指定列車S-TRAINなどで運行中の40000系が第11回キッズデザイン賞「内閣総理大臣賞」を受賞した記念に親子向けのイベント列車が11月25日池袋~西武球場前駅間で運行された。車内には製造中の写真が並び、普段は接する機会の少ない、車両や運行に携わる人から製造や車両についての説明などがあった。西武球場前駅到着後は、車内見学や乗務員室撮影など行なわれた。

アルゼンチンから里帰りした丸ノ内線500形

11月27日、1996年に引退した500形車両がアルゼンチンから里帰り、修繕を施し東京メトロの中野車両基地にて公開された。3両編成の外観、車内ともに、初期・引退時・アルゼンチンの仕様とそれぞれ異なる。走行可能な状態に向けて修繕が行なわれる予定だ。


初期


引退時


アルゼンチン

JR東日本お客さま感謝祭開催

11月25・26日、JR東日本会社発足30周年を記念して、東日本エリアやJR東日本グループの魅力を集結したJR東日本お客さま感謝祭が開催された。会場内には、「JR 東日本おみやげグランプリ」で総合グランプリを受賞した「バターフィナンシェ」などのお土産品や
人気駅弁や記念弁当、駅そばなどの販売や電車でGO!!やプラレールの展示などがあり大勢で賑わい売切れ商品が出るほどの人気ぶりであった。

リニューアルされた東京メトロ上野駅

12月14日、東京メトロ銀座線と日比谷線の上野駅のリニューアルが完了した。デザインのコンセプトは美術館のある街。銀座線には、開業時に使用された回転改札のレプリカや開業時のポスターやレールなどを展示し駅ナカ商業施設やフリースペースなどもリニューアル。日比谷線は現代的でモダンなデザインとなっている。




  

3月に小田急新型特急ロマンスカーが登場

3月17日に特急ロマンスカーGSEが登場する。開発コンセプトは「箱根につづく時間を優雅に走るロマンスカー」、車体には薔薇色を基調した色を纏い、展望席・側面の窓を拡大し眺望性の向上が図られ、WIFIが完備され、展望ライブ映像も楽しめる。3月17日に1編成目が新宿から箱根方面を中心に営業運転を開始する。